ザ・ローリング・ストーンズ仕様の「ジャガーFタイプ」登場

2019.03.15 自動車ニュース
ジャガーFタイプSVRクーペ
ジャガーFタイプSVRクーペ拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年3月15日、TOC五反田メッセで開催中のイベント「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」(開催期間: 5月6日まで)に協賛し、同グループのトレードマークをラッピングした「ジャガーFタイプ」を展示すると発表した。

「ベロ・マーク(Lips&Tongue)」のラッピングを施した「ジャガーFタイプSVRクーペ」が展示されている。
「ベロ・マーク(Lips&Tongue)」のラッピングを施した「ジャガーFタイプSVRクーペ」が展示されている。拡大

同イベントは、50年以上にもわたり活動を続ける英国のロックグループ「ザ・ローリング・ストーンズ」自身がプロデュースした初の大規模な企画展として、2016年4月にロンドンでスタート。その後世界主要都市での開催を経て、アジア地域唯一の開催国となる日本に上陸した。会場には、ストーンズのトレードマークである「ベロ・マーク(Lips&Tongue)」のラッピングを施した、「ジャガーFタイプSVRクーペ」が展示されている。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが日本における英国のポップカルチャーイベントに協賛するのは、2017年に開催された「デヴィッド・ボウイ」の大回顧展「DAVID BOWIE is」に次いで2回目となる。

Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展の概要は下記の通り。

  • 開催日程:2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
  • 開館時間:月~金・土・祝前日11:00~20:00/最終入館時間19:30、日・祝日11:00~18:00/最終入館時間17:30
  • 会場:TOC五反田メッセ

(Clubpyme)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, ジャガー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2019.3.9 試乗記 ジャガーのエントリーSUV「Eペース」に試乗。舞台として選ばれたのは冬の長野・白馬村。冬季オリンピックが開催されたこの地で、同車自慢の4WD性能を試すはずだったのだが……。前日の雨で路面から雪は消えていた。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.14 試乗記 「ジャガーFタイプ」に新たに加わった、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルに試乗。従来のマルチシリンダーモデルとのドライブフィールの違いを確かめるとともに、スポーツカーのパワーユニットのあり方について考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る