第600回:イタリアで「ゴーン問題」はこう報道されていた
怒涛の4カ月を大矢アキオが振り返る

2019.04.12 マッキナ あらモーダ!

フランスの知人から届いたメール

2019年4月4日、東京地検特捜部は日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告を会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕した。

保釈されたのが3月6日だったので、再逮捕までに社会生活を送れたのは1カ月足らずだったことになる。その間ゴーン氏本人は、東京都のポスターに小池知事と並んで写る“ピコ太郎”でさえ、日産自動車の西川廣人CEOに見えて恨めしかったに違いない。

2018年11月19日、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された際は、数日後に知人のフランス人から筆者のもとに「私たちはカルロス・ゴーンに行われていることに困惑し、憤慨している」というメールが舞い込んだ。

彼は「税金を横取りしているパトリック・バルカニーやベルナール・タピ(バルカニーは資産隠しで、タピは横領で訴えられた経験がある政治家)は自由の身である」と皮肉を述べたうえで、「私は常にゴーン氏を擁護してきた。彼はルノーの未来のための先駆者であり、証拠がない限り私は無実と考える。この不愉快な事件について、あなたの気持ちはどうか」とつづっていた。

これに対して筆者は「訴状をよく読んだうえで検討したい」という、大企業の広報部のような返答しかできなかったのが情けなかった。

それはともかく、その知人は自動車に少なからず関心を持つ人物であり、かつルノーの本拠地に住むフランス人である。確かに最初の逮捕当時、フランスのメディアはかなり時間を割いて取り上げていたから、感情的になるのも無理はなかろう。

いっぽう筆者が住むのは、フランスの隣国であるイタリアだ。ここで、ゴーン問題がどの程度の規模で取り上げられ、どのように人々に認識されてきたか。今回は、それを最初の逮捕から振り返ってみたい。

カルロス・ゴーン氏。2016年9月、パリモーターショーでコンセプトカー「トレゾール」とともに。
カルロス・ゴーン氏。2016年9月、パリモーターショーでコンセプトカー「トレゾール」とともに。拡大
航続距離を400kmに延長したルノーの電気自動車「ゾエ」を前に。2016年9月のパリモーターショーにて。
航続距離を400kmに延長したルノーの電気自動車「ゾエ」を前に。2016年9月のパリモーターショーにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事