「ゴーンは泥棒、詐欺師の顔だ!」
風雲急を告げる日産の臨時株主総会に潜入取材

2019.04.09 デイリーコラム

株主としての自覚の芽生え

3月の中頃、日産自動車から封書が届いた。臨時株主総会招集の通知である。決議事項として記されているのは次の3つ。

  • 第1号議案:取締役カルロス ゴーン解任の件
  • 第2号議案:取締役グレッグ ケリー解任の件
  • 第3号議案:第1号議案承認を条件としてジャン ドミニク スナール氏を取締役に選任する件

これは、出席しなくてはならないだろう。日産の現状には憂慮の念を抱いていた。不祥事を起こして企業イメージは地に落ちており、経営の改革は待ったなしだ。復活への道筋をどうやって描いていくのか、しっかりと見届けるのが株主の責務……などと立派なことを考えていたわけではない。

株主といっても、所有しているのはわずか200株。どうして日産株を買ったのかもよく覚えていない。ありがたいことに、昨年は配当を1万1000円もらっている。取得時は1株367円だったが、現在は900円を上回っているので売却すれば10万円ちょっとのもうけが出る。株価がもっと上がれば利益はどんどん増えるわけだ。

株主としての自覚が急に芽生えた。株主総会というものがどうやって行われるのか、知っておいても損はない。4月8日、グランドプリンスホテル新高輪におもむいた。会場は巨大な宴会場の「飛天」である。1983年4月にフリオ・イグレシアスのディナーショーが行われたことは有名だ。当時芸能記者だった私は、会場の出口で何時間も張り込んだ。その頃、交際していた郷ひろみと松田聖子がディナーショーに来ていたので、話を聞こうと待ち構えていたのだ。

それ以来、飛天はディナーショーの中心地と呼ばれるようになっていたのだが、株主総会が行われるとは知らなかった。昨年の日産株主総会はパシフィコ横浜で開催されており、飛天が会場となるのは初めてである。開場は10時で受け付けは9時からだが、大勢が押しかけるに違いないので早めに出掛けた。8時10分過ぎに到着すると、すでに20人ほどが並んでいる。受け付け開始時には飛天を1周する行列ができていた。

日産自動車から届いた臨時株主総会召集の通知と議決権行使書。
日産自動車から届いた臨時株主総会召集の通知と議決権行使書。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事