日産が「ナバラ」の新型を南アフリカの工場で生産

2019.04.10 自動車ニュース
日産ナバラ(写真は2018年モデル)
日産ナバラ(写真は2018年モデル)拡大

日産自動車は2019年4月10日、ピックアップトラック「ナバラ」の新型を2020年から生産するため、南アフリカのプレトリア・ロスリンにある南アフリカ日産の車両組立工場(以下、ロスリン工場)に30億ランド(約238億円)の投資を行うと発表した。

ロスリン工場における車両生産の様子。
ロスリン工場における車両生産の様子。拡大

ナバラは、日産のラインナップの中で最も販売台数の多いピックアップトラック。2016年の「インターナショナルピックアップ賞」をはじめ、さまざまな賞も受賞している。

ロスリン工場では現在「NP200」と「NP300」が生産されおり(年間生産台数3万5000台)、これに、市場の状況次第で年間3万台と想定される新型ナバラの生産が加わることにより、日産の小型商用車製造拠点としての同工場の機能が拡大される見込みだ。

日産のカーガー専務執行役員は、「わが社はアフリカ・中近東・インド地域におけるプレゼンスを倍増したいと考えている。今回の発表は、世界でも重要なマーケットであるアフリカが継続的に成長していることをあらためて示すものだ」などとコメントしている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事