「ボルボV40」の最後を飾る「ファイナルエディション」が登場

2019.04.11 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年4月11日、コンパクトモデル「V40」に特別仕様車「T5 R-Designファイナルエディション」を設定し、50台の台数限定で販売を開始した。

今回登場したV40 T5 R-Designファイナルエディションは、最高出力245psの2リッター直4ターボエンジンに8段ATを組み合わせたパワートレインを搭載するV40のスポーティーグレード「T5 R-Design」をベースに、電動サンシェード付き「パノラマガラスルーフ」と「リアシートヒーター」を特別装備する。

ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「オスミウムグレーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の5色をラインナップする。

価格は469万円。

(Clubpyme)

ボルボV40 T5 R-Designファイナルエディション
ボルボV40 T5 R-Designファイナルエディション拡大

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 「ボルボV40」の最後を飾る「ファイナルエディション」が登場 2019.4.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年4月11日、コンパクトモデル「V40」の特別限定車「T5 R-Designファイナルエディション」を50台限定で販売開始した。「V40 T5 R-Design」をベースとし、「パノラマガラスルーフ」「リアシートヒーター」を特別装備している。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
ホームへ戻る