販売上位は軽自動車だらけ
衰えない人気の理由とその弊害は?

2019.04.15 デイリーコラム

トップ10のうち7車種が軽自動車

平成も最後の月に入り、「令和」という新元号に世間が沸いていた2019年4月4日、全国日本自動車販売協会連合会(自販連)と軽自動車協会連合会(全軽自協)が、2018年度の新車販売台数を発表した。両者の統計を組み合わせてみると、車種別の販売ランキングは以下のようなものになる。

1位 ホンダN-BOX 23万9706台(前年比107.3%)
2位 スズキ・スペーシア 15万8397台(同139.3%)
3位 ダイハツ・タント 14万2550台(同105.9%)
4位 日産デイズ 14万0053台(同102.6%)
5位 ダイハツ・ムーヴ 13万2320台(同90.9%)
6位 日産ノート 13万1760台(同100.5%)
7位 トヨタ・アクア 12万7899台(同99.2%)
8位 トヨタ・プリウス 11万5123台(同77.2%)
9位 ダイハツ・ミラ 11万1757台(同107.2%)
10位 スズキ・ワゴンR 10万2553台(同84.6%)

なんと、トップ10のうち7車種が軽自動車。登録車は「ノート」「アクア」「プリウス」の3車種だけという結果となった。ダイハツの「ムーヴ」や「ミラ」はシリーズ全体の数字だし、日産の「デイズ」には「デイズ ルークス」の数字も含まれるというマジックはあるものの、それらを勘案しても形勢は明らかである。2015年の軽自動車税増税を経ても衰えぬ、軽自動車の人気の手堅さが生んだ結果だろう。

2018年度の新車販売トップにかがやいた「ホンダN-BOX」。
2018年度の新車販売トップにかがやいた「ホンダN-BOX」。拡大
2位に入った「スズキ・スペーシア」。2015年の軽自動車税増税で、一時約170万台まで落ち込んだ軽自動車の年間販売だが、その後は徐々に持ち返し、2018年度は192万2997台となった。
2位に入った「スズキ・スペーシア」。2015年の軽自動車税増税で、一時約170万台まで落ち込んだ軽自動車の年間販売だが、その後は徐々に持ち返し、2018年度は192万2997台となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事