「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車

2019.04.17 自動車ニュース
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「ワンガンブルー」。
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「ワンガンブルー」。拡大

日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。

「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「アルティメイトメタルシルバー」。
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「アルティメイトメタルシルバー」。拡大
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」。
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」。拡大
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「ダークメタルグレー」。
「日産GT-R」(2020年モデル)。ボディーカラーは「ダークメタルグレー」。拡大

「速さの質」を追求

GT-Rの2020年モデルでは「速さの質」を追求。加速やハンドリングなどに、これまで培ってきたレーステクノロジーを投入することで、さらなる深化を遂げている。

3.8リッターV6ツインターボエンジンには、これまでGT-R NISMOにのみ採用してきたターボ効率化技術「アブレダブルシール」を新たに採用。レース用ターボチャージャーで広く使われているこの技術により、吸入した空気の漏れを最小限に抑え、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現したという。

「Rモード」専用のアダプティブシフトコントロールのスケジュールはよりアグレッシブなセッティングに。コーナー進入時のブレーキングで積極的に低い段のギアを選択することで、脱出時のレスポンスを高めている。サスペンションも再セッティングされており、速さと鋭い応答性、乗り心地の質の向上を図った。

ブレーキシステムも改良しており、ブースター特性を変更して初期の利き感を上げることで、コントロール性を高めている。

エクステリアでは、見る角度によって表情を変える新ボディーカラー「ワンガンブルー」を設定。このほか職人が手作りで加工したというチタン製のエキゾーストフィニッシャーを備えたマフラーと、新デザインのホイールを採用した。

価格は1063万1520円~1210万5720円で、2019年6月に発売予定。

GT-R NISMO(2020年モデル)
GT-R NISMO(2020年モデル)拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大

GT3レーシングカーのターボ技術を採用

GT-R NISMOの2020年モデルは、レースの厳しい環境で磨き抜かれた技術を応用し、より研ぎ澄まされた性能を実現したとうたわれるモデルだ。

2018年のGT3レーシングカーから使用している新型ターボチャージャーを採用した上で、NISMO用のタービンブレードはその枚数を減らすとともに最新の流体・応力解析によって形状を変更。出力を落とすことなく、約20%のレスポンス向上を実現した。

重心点から遠いルーフやエンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を用いることで、軽量化とコーナリング性能を強化。特にルーフはカーボン素材の間により低比重の材料を挟むサンドイッチ構造とすることで、より軽量化を進めた。これらの外装部品の装着により、約10.5kgの軽量化を達成している。

RECAROシートも新開発とされており、車両とドライバーとの一体感を高めたほか、カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで軽量化と高剛性化を実現した。

新たに設けられたフロントフェンダーのエアダクトは、エンジンルームの熱を逃がすだけでなく、エンジンルームの内圧を下げ、排出風によってフェンダー表面の流速を下げることにも寄与。表面リフトを抑え、フロントタイヤのダウンフォースアップを図っている。

世界最大級のサイズとうたわれる新開発のカーボンセラミックブレーキは、ローターの大径化に合わせて、ピストン配列を最適化した高剛性キャリパーと新たな摩擦材を用いたパッドも新開発。高負荷状況のみならず、日常使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を味わえるという。このカーボンブレーキシステムとカーボンの外装パーツ、RECAROシートなどの採用により、合計で約30kgの軽量化を果たしている。

9本スポークの軽量・高剛性を特徴とする鍛造アルミホイールおよびハイグリップゴムを採用して接地面積を最大化した新タイヤを採用したほか、電子制御サスペンションの再セッティングも実施している。

GT-R NISMOの2020年モデルは、2019年5月中旬から先行予約受け付けを実施する。価格は未定。

GT-R 50th Anniversary
GT-R 50th Anniversary拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大

往年の日産レースチームカラーを再現

2020年モデルの「プレミアムエディション」をベースとするGT-R 50th Anniversaryは、日本グランプリシリーズで活躍したGT-Rレーシングカーのエクステリアをモチーフとした、ステッカーによるツートンカラーが特徴だ。

2020年モデルの新色として設定されたワンガンブルーには専用ホワイトステッカーを組み合わせ、往年の日産のレースチームカラーを再現。このほか「ブリリアントホワイトパール」にレッドステッカー、「アルティメイトメタルシルバー」にホワイトステッカーと、計3種の組み合わせを設定した。各モデルともリアに「GT-R 50th Anniversary」の文字をあしらったバッジとステッカーが配される。さらにワンガンブルーには、ボディーカラーとコーディネートした50周年記念ロゴ入りのブルースポークホイールも備わる。

インテリアは全車共通で、ミディアムグレーの専用内装色を採用。センターコンソールやメーター内、シート、キッキングプレートには50周年を記念したロゴがレイアウトされる。

価格はボディーカラーによって異なり、ワンガンブルーが1351万6200円、ブリリアントホワイトパールが1319万2200円、アルティメイトメタルシルバーが1347万3000円。2020年3月までの期間限定モデルとして、2019年6月に発売予定。

フェアレディZ 50th Anniversary
フェアレディZ 50th Anniversary拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
 
「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車の画像拡大
日産の星野朝子専務執行役員(写真左)と「GT-R」の車両開発主管を務める田沼謹一常務執行役員。報道陣からのGT-Rの電動化についての質問に、田沼氏が「さまざまな可能性を探っている」と答えたのに対し、星野氏は「あると思います」とピシャリ。
日産の星野朝子専務執行役員(写真左)と「GT-R」の車両開発主管を務める田沼謹一常務執行役員。報道陣からのGT-Rの電動化についての質問に、田沼氏が「さまざまな可能性を探っている」と答えたのに対し、星野氏は「あると思います」とピシャリ。拡大

アメリカで活躍したレーシングカーがモチーフ

フェアレディZ 50th Anniversaryはベーシックグレードをもとに、1990年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな形で再現したとうたわれるモデルである。

ボディーカラーはツートンで、「ブリリアントホワイトパール×バイブラントレッド」の組み合わせと「ブリリアントシルバー×ダイヤモンドブラック」の組み合わせの2タイプを設定。フロントフェンダーにはステッカーを、リアには50周年を記念するバッジを配したほか、ホイールリムにレッドラインを加えた19インチアルミホイールを採用する。

インテリアでは、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ巻きステアリングホイールのほか、専用キッキングプレートや専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートおよびドアトリムを採用。シートやシフトノブ、メーター内の50周年記念ロゴなど、50周年の特別感を演出する多くの専用装備が自慢だ。

フェアレディZ 50th Anniversaryは2020年3月までの期間限定モデルとして、2019年夏に発売される予定。価格は未定。

東京・銀座にある日産のブランド発信拠点NISSAN CROSSINGで行われたお披露目会では、日産の星野朝子専務執行役員が登壇。車両の概要を説明するとともに、自身も過去にGT-R(R32)を購入したかったものの、預金通帳とにらめっこした結果、あきらめざるを得なかったというエピソードを明かした。

NISSAN CROSSINGにはGT-R NISMOの2020年モデルとフェアレディZ 50th Anniversaryが5月1日ごろまで、GT-R 50th Anniversaryが5月18日ごろまで展示されている。入場は無料。

(Clubpyme)

関連キーワード:
GT-R, フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • メルセデス・ベンツS560eロング(FR/9AT)【試乗記】 2019.4.25 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」のプラグインハイブリッド車が大幅改良を受け、名前も新たに「S560eロング」となって登場。EV性能を大幅に向上させた“電気でも走れるSクラス”の姿に、時代を経ても変わらない最上級メルセデスの姿を見た。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
ホームへ戻る