ポルシェが最高出力440psの「カイエンSクーペ」を発表

2019.05.16 自動車ニュース
ポルシェ・カイエンSクーペ
ポルシェ・カイエンSクーペ拡大

独ポルシェは2019年5月15日、同年3月21日にデビューした新型SUV「カイエンクーペ」のモデルラインナップに「カイエンSクーペ」を追加設定すると発表した。

20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。
20インチアルミホイールやポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)を標準装備。拡大
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。
インテリアでは、パワーステアリングプラスやサラウンドビューカメラなどを標準装備している。拡大
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。拡大

ポルシェ・カイエンSクーペは、先に日本導入がアナウンスされた最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3リッターV6ターボエンジン搭載の「カイエンクーペ」と、同550ps、同770Nmを発生する4リッターV8ツインターボエンジン搭載の「カイエンターボクーペ」の中間に位置するグレードとなる。

最高出力440ps、最大トルク550Nmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、標準装備の「スポーツクロノパッケージ」モデルで0-100km/h加速5.0秒、オプションの「ライトウェイトスポーツパッケージ」モデルで同4.9秒、最高速度263km/hというパフォーマンスが発表されている。

カイエンSクーペは、パワーステアリングプラスや20インチアルミホイール、パークアシスト、サラウンドビューカメラ、ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)などを標準装備する。

日本での価格や導入時期は発表されていない。

(Clubpyme)

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
  • ポルシェ・カイエンターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2013.7.15 試乗記 最高出力は550ps! ドライバーに物理の法則を忘れさせる、「カイエンターボS」の途方もないパフォーマンスを支えるものとは?
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
ホームへ戻る