1日だけじゃもったいない!
トヨタ博物館の新展示「クルマ文化資料室」見学記

2019.05.20 デイリーコラム

膨大な文化資料の中から約4000点を展示

2019年4月17日、トヨタ博物館の開館30周年を記念した新たな常設展示「クルマ文化資料室」がオープンした。ここには、国内外のクルマに関する約4000点の資料が展示されているという。他の展示と異なるのは、そこに“実車”が含まれないことだ。それでは一体、どんな“文化資料”が展示されているのだろうか?

そもそも、愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は、1989年4月にオープンした自動車博物館だ。その名が示すようにトヨタが運営する施設なのだが、収蔵されるのはトヨタ車だけではない。自動車が生まれたばかりの1890年代から現代までの、国内外のさまざまなモデルが集められており、まさにクルマの歴史を凝縮した展示内容となっているのだ。そんなトヨタ博物館も今年で開館30年。それを記念したリニューアルで、約120台の車両を展示する本館は「クルマ館」に、ミュージアムショップやカフェテリア、図書館などがあった新館は「文化館」に改められた。この文化館の目玉が、新設されたクルマ文化資料室なのだ。

文化館2階フロアの半分を占めるクルマ文化資料室。その入り口前の壁面には、展示内容を示したパネルが設置されている。そこには雑誌、カタログ、カーバッジ、カーマスコット、ライセンスプレート、ミニカーなどの実物がサンプルとして並べられているのだが、ミニカーやマスコットなど、その一部には実際に触れることができる。肌で感じる資料の魅力も伝えたいという、学芸員さんの心意気なのだ。現在、博物館で所蔵する資料の数はなんと22万9370点(!)にも上る。これらは1989年の開館当時からコツコツと集めてきたものだそうで、実車だけでなく、資料の収集にも膨大な時間と労力が割かれてきたことを物語る。今は、その中から厳選された4027点がここに並べられている。

トヨタ博物館に新設された「クルマ文化資料室」。同館が開館当時から集めてきた文化資料のうち、常時約4000点の資料が展示されている。
トヨタ博物館に新設された「クルマ文化資料室」。同館が開館当時から集めてきた文化資料のうち、常時約4000点の資料が展示されている。拡大
「クルマ文化資料室」の入り口の様子。
「クルマ文化資料室」の入り口の様子。拡大
パネルの展示物のうち、カーバッジやカーマスコット、おもちゃ、ライセンスプレートなどは、実際に手で触れられるようになっていた。
パネルの展示物のうち、カーバッジやカーマスコット、おもちゃ、ライセンスプレートなどは、実際に手で触れられるようになっていた。拡大
パネル展示の中には、なにやら見覚えのある自動車雑誌の姿も……。
パネル展示の中には、なにやら見覚えのある自動車雑誌の姿も……。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事