新型「日産ティーダ」がワールドプレミア【上海ショー2011】

2011.04.19 自動車ニュース

【上海ショー2011】新型「日産ティーダ」がワールドプレミア

日産自動車は、2011年4月19日に開幕した上海モーターショーで、新型「ティーダ」を披露した。

日産が「新型グローバルハッチバック」として披露したのは、世界165カ国で販売されるコンパクトなハッチバック、すなわち「ティーダ」の新型だ。ティーダは、セダンを含めると日産では最多量販車種であり、中国では東風日産が「騏達」として販売。2010年だけでも8万5000台のセールスを記録している。

その重要なモデルが、世界に先駆けて、ここ中国でワールドプレミアを果たした。新型ティーダは、旧型で好評だった広い室内をさらに拡大するとともに、より上質な雰囲気に仕立て上げたのが特徴だという。

実際、ホイールベースは100mm拡大。プレスリリースによれば「クラストップのリヤニールームを確保」したという。一方、デザインについては、「Fluid&Briskがテーマのエクステリアが、滑らかで張りのある面構成のボディやカタマリ感のあるフォルムによって、新しいプレミアム感を演出」(プレスリリース)。「Calm&Refined」をキーワードにデザインされたインテリアは、心地よさや包まれ感を目指している。

パワートレインは、1.6リッター直列4気筒の「HR16DE」ユニットとCVTの組み合わせ。またこれとは別に、ターボエンジンも用意する。日系のクルマでターボエンジンを搭載するのは、中国市場では初めてだという。

中国市場向けの新型ティーダは、東風日産の広州花都工場で生産され、2011年5月末から販売が開始される。一方、2014年までには世界130カ国に導入が予定されている。

(文=生方聡)

新型「日産ティーダ」
新型「日産ティーダ」 拡大

新型「日産ティーダ」がワールドプレミア【上海ショー2011】の画像 拡大

新型「日産ティーダ」がワールドプレミア【上海ショー2011】の画像 拡大

新型「日産ティーダ」がワールドプレミア【上海ショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
ティーダ, 日産, 上海モーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
ホームへ戻る