カラフルな内装のレクサスが登場

2010.08.26 自動車ニュース

レクサスにカラフルな内装の特別仕様車「Art Works」が登場

トヨタ自動車は2010年8月26日、レクサス「GS」「IS」「RX」の特別仕様車「Art Works」を、東京・青山の「レクサスインターナショナルギャラリー青山」で披露した。

今回の特別仕様車“Art Works”は、アーティスティックにカラーコーディネートされた内外装がポイント。2005年からイタリア・ミラノで行われている世界最大のインテリアデザイン見本市「ミラノデザインウィーク」において、さまざまなアーティストと共同でアート活動を展開してきたレクサスの経験が生み出したモデルだ。

内装デザインのコラボレーションアーティストには、スペイン・マドリードを拠点に創作活動を行うデザイナーデュオ「Stone Designs(ストーン デザインズ)」が起用され、ベース車両には「GS」「IS」「RX」が用意された。

コンセプトは「Color of Time(時間という彩り)」。“時間のうつろい”をデザインテーマに、時間の流れによって変化する陽光のイメージを表現したという。各モデルには、サブテーマが設けられ、「IS」が朝の光、「RX」は真昼の日差し、「GS」には夕暮れをイメージした内装色が用いられる。

朝の光をテーマにした「IS」は、フロントガラスから朝日が差し込むさまをフレッシュブルーで表現。シート、ドアトリム、ステアリングなどの日が当たる部分にブルーを配色、コンソールアッパーパネルには鮮やかなホワイトが使われ、すがすがしいスッキリとしたインテリアが特徴的だ。

「RX」では真昼に真上から降り注ぐ日差しをイメージし、「IS」と同様、日の当たる部分にレッドを配色。コンソールアッパーパネルはブラックとし、光と影のコントラストを強調して、鮮やかさと上質感を与えたという。

夕暮れをテーマとした「GS」には、暖かみのあるブラウンとオレンジの2色を内装色に使用。シートには、左右非対称の配色がされ、穏やかな夕日に包まれているイメージが表現された。

各モデルの共通アイテムとしては、ブラッククリアに塗装されたカラードグリル、スモークメッキが施されたカラーヘッドランプエクステンション、ミディアムグレーとミディアム&ブラックのカラードアルミホイールを装備。ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、スターライトブラックガラスフレーク、シルバーの計3色となる。

価格は以下のとおり。

「IS250“Art Works”」:398.0万円(FR)/440.0万円(4WD)
「GS350“Art Works”」:578.0万円(FR)/613.0万円(4WD)
「GS450h“Art Works”」:689.0万円
「RX270“Art Works”」:425.0万円
「RX350“Art Works”」:460.0万円(FF)/485.0万円(4WD)

なお、本日2010年8月26日より、“Art Works”モデルを展示し、内外装のカラーコンビネーションなどを披露するイベント「LEXUS Art Works キャラバン」が、全国11カ所で順次開催される。

(文=滝本 智志(Office Henschel))


「RX270“Art Works”」。かたわらに立つのは、レクサスアンバサダーを務める(写真左から)知花くららさんと森理世さん。
「RX270“Art Works”」。かたわらに立つのは、レクサスアンバサダーを務める(写真左から)知花くららさんと森理世さん。 拡大

真昼の時間がテーマの「RX“Art Works”」。シートに配色されたレッドを縦方向にすることで、真上からの日差しを表現。
真昼の時間がテーマの「RX“Art Works”」。シートに配色されたレッドを縦方向にすることで、真上からの日差しを表現。 拡大

「IS250“Art Works”」。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。
「IS250“Art Works”」。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。 拡大

「IS“Art Works”」のインテリア。ブルー、ターコイズ、グレーの3色で朝の光をイメージした。
「IS“Art Works”」のインテリア。ブルー、ターコイズ、グレーの3色で朝の光をイメージした。 拡大

外板色スターライトブラックガラスフレークの「GS450h“Art Works”」。グリルがブラッククリアに塗装される(全モデル共通)。
外板色スターライトブラックガラスフレークの「GS450h“Art Works”」。グリルがブラッククリアに塗装される(全モデル共通)。 拡大

夕日をイメージした「GS“Art Works”」の内装。テンダーオレンジ×テンダーブラウンのシートはサイドサポート部分の配色が左右非対称となる。
夕日をイメージした「GS“Art Works”」の内装。テンダーオレンジ×テンダーブラウンのシートはサイドサポート部分の配色が左右非対称となる。 拡大

“Art Works”モデルには「ストーン デザインズ」ロゴ付きの専用ストライプテープがショルダーラインに貼られる。テープの色は、各モデルのテーマ色が使われ、「IS」がブルー、「RX」はレッド、「GS」はブラウンとなる。
“Art Works”モデルには「ストーン デザインズ」ロゴ付きの専用ストライプテープがショルダーラインに貼られる。テープの色は、各モデルのテーマ色が使われ、「IS」がブルー、「RX」はレッド、「GS」はブラウンとなる。 拡大

関連キーワード:
RX, GS, IS, レクサス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • 第20回:レクサスUX(後編) 2019.1.23 カーデザイナー明照寺彰の直言 レクサスのグローバル戦略を担うコンパクトSUV「UX」。そのデザインとパッケージングを観察してみると、どうしても看過できない問題に直面した。プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」との比較も通し、現役のカーデザイナーがレクサスUXを語る。
  • レクサスUX【開発者インタビュー】 2018.12.28 試乗記 レクサスブランド初となる、コンパクトクロスオーバーモデル「UX」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの加古 慈さんと、デザインを取りまとめた三木鉄雄さんに語ってもらった。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
ホームへ戻る