「アバルト・グランデプント」にさらなる高出力モデル

2009.06.09 自動車ニュース

「アバルト・グランデプント」にさらなる高出力モデル

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、「アバルト・グランデプント」に、追加グレード「アバルト・グランデプント・エッセエッセ」(以下エッセエッセ)を設定。2009年6月13日に発売する。

エッセエッセと名付けられたこのモデルは、グランデプントの高出力モデルを、さらなるチューンにより性能アップしたモデルだ。搭載エンジンは、1.4リッター直列4気筒DOHCでベース車と同じながら、専用チューンのエンジンECUやフューエルインジェクター、BMC製エアクリーナー、大型のギャレット製ターボチャージャーにより、ベース車比で最高出力を15%、最大トルクを17%アップ。それぞれ180ps/5750rpmと27.5kgm/2750rpmを発生する。

標準のアバルト・グランデプントは、「スポーツブースト」ボタンを押すことで、最大トルク値をアップさせるとともに、電動パワステのセッティングをよりスポーティなものに変化させるが、エッセエッセでは、トルク特性を変化させる機能を省き、常に一定のトルクカーブを描くセッティングとした。その代わりにスポーツボタンを押すと、電動パワステのセッティングとともに、エンジンスロットルの応答性がよりダイレクトなものに変化するようになっている。

これらのチューンにより、0-100km/h加速は7.5秒(べース車は8.2秒)、最高速は215km/h(同208km/h)の性能を実現した。

足まわりには、専用設計のショックアブソーバーや、車高が15mmダウンする専用スプリングを採用。ブレーキにはドリルドディスクローターを採用し、冷却性を高めた。

外観は、ホワイト仕上げの専用18インチホイールやリアバッジ、デュアルスポーツエキゾーストパイプにより、ベース車との差別化が図られている。

価格は335.0万円で、6段MTの左ハンドルのみ。アバルト・グランデプントの65.0万円高に設定される。

(Clubpyme 曽宮)

アバルト・グランデプント・エッセエッセ
アバルト・グランデプント・エッセエッセ 拡大

関連キーワード:
グランデプント, アバルト, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト500(FF/5MT)【試乗記】 2009.10.15 試乗記 アバルト500(FF/5MT)
    ……295.0万円

    復活なった「アバルト500」に試乗した熊倉重春は、そのあまりの走りやすさに複雑な気持ちを抱くのだった。
  • アバルト500/595コンペティツィオーネ/595Cツーリズモ【試乗記】 2013.2.8 試乗記 アバルト500(FF/5MT)/595コンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)
    ……269万円/344万円/364万円

    小さなハイパフォーマンスカー「アバルト500」に、新たな兄弟が続々登場。各モデルの走りを、サーキットで試した。
  • 第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!
    輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~
    2019.2.28 JAIA輸入車試乗会2019 輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、Clubpymeメンバーが注目のモデルをご紹介! 第3回は、ファッションもグルメも、そしてクルマづくりも文化といえそうなイタリア編。「アバルト695Cリヴァーレ」「フィアット・パンダ4×4フォレスト」そして「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る