長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売

2008.10.23 自動車ニュース

長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売

光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。

「日産フーガ」をベースに、顔やお尻をクラシカルに仕立て直した光岡自動車のセダンが「ガリューIII(スリー)」。今回発売された「ガリューリムジンS50」は、そのストレッチバージョンだ。

1990年の「ラ・セード」以来ストレッチリムジンの乗用車を手がけてきた同社だが、ここ8年ほどはパッタリ。最近は、霊柩車(!)を年間40台以上生産するなど、特装車の部門でストレッチ技術を培ってきたという。

そんなミツオカ渾身の「S50」、ボディサイズは全長×全幅×全高=5490×1805×1530mm。ホイールベースは「レクサスLS600hL」より300mm、「メルセデス・ベンツS600 ロング」より225mm長い、3390mmに達する。足を組んでも余裕タップリの、後席スペースを確保した。
インテリアは、本木目のフィニッシャーやHDDナビゲーションシステムが標準で、後席には、63万円のオプションで「モニターAVセット」なども用意される。

エンジンは、2.5リッター(223ps、26.8kgm)と3.5リッター(313ps、36.5kgm)の2本立て。前者は801万6750円〜837万3750円、後者は855万7500円〜934万5000円と、ストレッチ前から約5割り増しのプライスタグを付ける。

年間の販売予定台数は国内外あわせて10台ほどで、すでに中東地域に向けて4台を出荷したとのこと。同社では、ハイヤーなどビジネスユースだけでなく、個人ユースの需要も期待しているという。

(Clubpyme 関)

「ミツオカ・ガリューリムジンS50」
「ミツオカ・ガリューリムジンS50」 拡大
リアの居住空間は、さすがにひろびろ。
リアの居住空間は、さすがにひろびろ。 拡大
ガリューIIIをベースに胴体部分が500mm延長されている。
ガリューIIIをベースに胴体部分が500mm延長されている。 拡大
延長部、Bピーラーには「レクサス」(!)の合わせガラスを流用。ベース車両は「日産フーガ」ですが……
延長部、Bピーラーには「レクサス」(!)の合わせガラスを流用。ベース車両は「日産フーガ」ですが…… 拡大
ガリュー顔のS50(写真)のほか、フーガ顔のままの「ミツオカリムジンS50」も選べる。そちらは、約70万円安の728万6750円〜861万5000円でラインナップする。
ガリュー顔のS50(写真)のほか、フーガ顔のままの「ミツオカリムジンS50」も選べる。そちらは、約70万円安の728万6750円〜861万5000円でラインナップする。 拡大

関連キーワード:
ガリュー, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ガリュー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • 「ミツオカ・ガリュー クラシック」、発売 2010.3.2 自動車ニュース 光岡自動車は2010年3月2日、新型車「我流 Classic(ガリュー クラシック)」を発表。翌3日に発売する。
  • コンパクトな我流、「ミツオカ・ガリュー204」登場 2008.2.5 自動車ニュース ミツオカ自動車は「ガリュー204」を発表した。同年2月6日から販売を開始する。
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • 手を離して運転できるBMW 2019年夏にも国内初導入 2019.4.10 自動車ニュース BMWジャパンは2019年4月10日、日本初となる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を同年夏以降に順次導入すると発表した。「3シリーズ」「8シリーズ」「X5」に同システムを採用、対象モデルを順次拡大する予定だ。
ホームへ戻る