「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用

2008.09.01 自動車ニュース

「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用

トヨタ自動車は2008年9月1日、SUVの「RAV4」のマイナーチェンジを実施。グレードごとに異なるフロントマスクを与えるなど、一部変更が行われた。

マイナーチェンジでは、従来の中間グレード「G」が廃止され、新たにスタイリッシュな外観を追求したという「スタイル」グレードが設定された。同時に、ベーシックな「X」、スポーティな「スポーツ」、新設の「スタイル」グレードには、異なるフロントマスクが与えられることになった。

さらに、装備の充実も図られた。
従来左フロントフェンダーに据えられていた補助ミラーをドアミラーと一体化することで廃止し、同時にサイドターンランプも埋め込まれた。衝突時に乗員の頸部への衝撃を緩和する、前席アクティブヘッドレストも標準装備とされる。

ボディカラーは新色のブロンズマイカメタリック、ベージュマイカメタリックが追加された8色展開に。価格は202.0万円から259.0万円。

(Clubpyme 本諏訪)

「RAV4 スタイル」。ボディカラーは新色のブロンズマイカメタリック。
「RAV4 スタイル」。ボディカラーは新色のブロンズマイカメタリック。
「RAV4スポーツ」
「RAV4スポーツ」
「RAV4 X」。ボディカラーは新色のベージュメタリック。
「RAV4 X」。ボディカラーは新色のベージュメタリック。

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【ニューヨークショー2018】トヨタ、新型「RAV4」を世界初披露
    2018.3.28 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、米国仕様の新型「RAV4」を世界初披露すると発表した。米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃の発売を予定しているという。
  • トヨタ・マークX“GRMN”(FR/6MT)【試乗記】 2019.1.14 試乗記 トヨタのFRセダン「マークX」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「マークX“GRMN”」。モータースポーツで得た知見が惜しみなく注がれたコンプリートカーは、走りにこだわるドライバーにこそ試してほしいスポーツセダンに仕上がっていた。
  • 第545回:デトロイトショー2019でキーマンを直撃
    新型「トヨタGRスープラ」開発秘話
    2019.1.19 エディターから一言 2002年の生産終了以来、実に17年半ぶりに復活を果たしたトヨタのスポーツクーペ「スープラ」。兄弟車である「BMW Z4」との違いは? BMWとの協業はどのようにして進められたのか? 発表の舞台となったデトロイトショー2019の会場で、開発責任者に話を聞いた。
  • BMW M4カブリオレ コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2019.1.18 試乗記 最高出力450psの直6ターボを搭載するBMWのオープン4シーター「M4カブリオレ コンペティション」が上陸。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、これまでのMモデルとは違ったキャラクターが見えてきた。
  • レクサスES300h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.17 試乗記 レクサスのフラッグシップモデルである「LS」と見間違えるほどのデザインとサイズ感を持ち日本初登場となった「ES」。同じパワートレインを採用する兄弟車である「カムリ」とはどこが違うのか? 北米テイストに満ちた両車を比べて、感じることがあった。
ホームへ戻る