「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用

2008.09.01 自動車ニュース

「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用

トヨタ自動車は2008年9月1日、SUVの「RAV4」のマイナーチェンジを実施。グレードごとに異なるフロントマスクを与えるなど、一部変更が行われた。

マイナーチェンジでは、従来の中間グレード「G」が廃止され、新たにスタイリッシュな外観を追求したという「スタイル」グレードが設定された。同時に、ベーシックな「X」、スポーティな「スポーツ」、新設の「スタイル」グレードには、異なるフロントマスクが与えられることになった。

さらに、装備の充実も図られた。
従来左フロントフェンダーに据えられていた補助ミラーをドアミラーと一体化することで廃止し、同時にサイドターンランプも埋め込まれた。衝突時に乗員の頸部への衝撃を緩和する、前席アクティブヘッドレストも標準装備とされる。

ボディカラーは新色のブロンズマイカメタリック、ベージュマイカメタリックが追加された8色展開に。価格は202.0万円から259.0万円。

(Clubpyme 本諏訪)

「RAV4 スタイル」。ボディカラーは新色のブロンズマイカメタリック。
「RAV4 スタイル」。ボディカラーは新色のブロンズマイカメタリック。
「RAV4スポーツ」
「RAV4スポーツ」
「RAV4 X」。ボディカラーは新色のベージュメタリック。
「RAV4 X」。ボディカラーは新色のベージュメタリック。

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • トヨタが「プリウスPHV」を一部改良 乗車定員が5人に 2019.5.9 自動車ニュース トヨタ自動車は、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」を一部改良し、2019年5月9日に発売した。乗車定員を従来型の4人から5人とし、新たにクルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H”を装備している。
  • 「トヨタ・マークX」の最後を飾る特別仕様車発売 2019.4.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年4月24日、FRセダン「マークX」の特別仕様車「250S“ファイナルエディション”」「250S Four“ファイナルエディション”」を発表。同日、販売を開始した。
  • オフロード性能を磨いた新型「トヨタRAV4」発売 2019.4.10 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年4月10日、SUV「RAV4」の新型を発表。同日、販売を開始した。2リッターのガソリン車と2.5リッターのハイブリッド車がラインナップされ、一部のグレードでは4WD車のほかにFF車も選択可能となる。
ホームへ戻る