「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

2008.07.23 自動車ニュース

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始

ヒュンダイモータージャパンは、コンパクトハッチバック「i30」(アイサーティ)を2008年7月19日に発売した。

i30」は、「エラントラ」の後継となるモデルだ。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4245×1775×1480mm、ホイールベース=2650mm。いわゆるCセグメントに属するハッチバックで、「トヨタ・オーリス」「マツダ・アクセラ」「フォルクスワーゲン・ゴルフ」などが直接のライバルとなる。

日本に導入されるのは、1.6リッター直4ユニット(126ps/6300rpm、15.6kgm/4200rpm)を搭載する「1.6GL」と、2リッター版(143ps/6000rpm、19.0kgm/4600rpm)の「2.0GLS」。どちらもレギュラーガソリン仕様で、トランスミッションは4段ATを組み合わせる。

「単に性能やスペック競争をするのではなく、愛着のあるハッチバックを目指した」という同車は装備面も自慢で、フルオートエアコン、キーレスエントリーシステム、iPod接続機能付きのプレミアムサウンドシステムなどが標準で備わる。

さらに、エアバッグは標準で6つ(フロント+サイド+カーテンエアバッグの左右ペア)。フロントアクティブヘッドレストを備え、後席シートベルト着用義務化にともない全席を着用警告付きとするなど、安全にも配慮された。

価格は、「1.6GL」が177万4500円で、「2.0GLS」が207万9000円。銀、青、赤、黒系の4色でラインナップする。

(Clubpyme 関)

写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。
写真は2007年10月、東京モーターショーに登場したときの「i30」。

「ヒュンダイi30」、日本で販売開始の画像
「i30」のインプレッションはコチラから
「i30」のインプレッションはコチラから

関連キーワード:
i30, ヒュンダイ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • パリモーターショー2018(キア/ヒュンダイ) 2018.10.4 画像・写真 韓国のヒュンダイは、パリモーターショーにスタイリッシュな「i30ファストバックN」や「コナ エレクトリック」を出展。キアのブースには「eニロ」と「プロシード」が並んだ。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • パリモーターショー2018(メルセデス・ベンツ/スマート) 2018.10.4 画像・写真 新型の「Bクラス」や「GLE」が並んだ、パリモーターショー2018のメルセデス・ベンツブース。そのほかバリエーション豊かな出展車両の姿を、スマートのコンセプトカーとあわせて写真で紹介する。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • 【シカゴショー2019】スバル、新型「レガシィ」を間もなく発表 2019.2.1 自動車ニュース スバルは2019年1月31日、アメリカ・イリノイ州シカゴで開催される2019シカゴオートショー(開催期間:2019年2月7日~18日)において、新型「レガシィ」(米国仕様)を世界初公開すると発表した。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る