「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

2008.06.25 自動車ニュース

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場

クライスラー日本はクライスラーのフラッグシップセダン「300C」の2008年モデルを2008年6月20日に発表。6月21日から販売を開始した。

2008年もラインナップは変わらず、3.5リッターV6モデル「3.5」(右ハンドル/5AT)と、5.7リッターV8モデル「5.7 HEMI」(左/右ハンドル/5AT)、6.1リッターV8モデル「SRT8」(右ハンドル/5AT)の3グレード。

主な変更点は、内外装のリフレッシュ。エクステリアではテールランプのデザインに手が加えられたほか、トランクリッドにスポイラーやハイマウントストップランプを装着。ホイールやフロントドアバッジなどのデザインが変更された。

インテリアでは、インパネやセンターコンソールに新デザインを採用。コンソールベゼルやグローブボックスにも各グレードごとに素材が変更された。インテリアカラーは、全モデルダークスレートグレーとなる。

今回3.5モデルでは、ファブリックシートとDVDプレーヤーを標準装備し、レザーシートとHDDナビゲーションシステムはセットオプションとした。

安全面では新たにフロントシードサイドカーテンエアバッグを標準採用し、大きなボディを併せ持つ同車の安全性をアピールしている。

価格は、「3.5」が478万2750円、「3.5(レザーシート及びHDDナビ付)」は522万3750円、「5.7 HEMI」が633万1500円、「SRT8」は738万1500円となる。

(Clubpyme 玉城)


「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

「クライスラー300C」、随所に小変更の08年モデルが登場の画像

関連キーワード:
300C, クライスラー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー、新型の高級セダン「300」を発売 2012.11.16 自動車ニュース フィアット クライスラー ジャパンは2012年11月15日、新しいフラッグシップサルーン「クライスラー300」を12月15日に発売すると発表した。
  • クライスラー300がマイナーチェンジ 2015.10.6 自動車ニュース FCAジャパンが4ドアセダンの「クライスラー300」をマイナーチェンジ。内外装の一部のデザインを変更し、ダイヤル式のシフトセレクターを全車に採用した。装備の強化も図っており、前走車追従機能付きクルーズコントロールや車線逸脱防止機能が標準採用とした。
ホームへ戻る