ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売

2008.04.23 自動車ニュース

ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売

三菱自動車工業は2008年4月22日、コンパクトカー「コルトラリーアート バージョンR」の特別仕様車を300台限定で発売した。

特別仕様車「コルトラリーアート バージョンRスペシャル」は、ベース車となる「バージョンR」から、さらにボディ剛性を強化したクルマ。
通常スポット溶接されるドア周りには、連続シーム溶接が採用された。点で溶接するスポット溶接に対し、連続シーム溶接は線で溶接を行う。溶接の面積の多さからボディ剛性を高めることができ、縦方向の曲げ剛性でおよそ10%向上したと謳われる。

加えて、ラリーアート製のスポーツマフラーとレカロ製フルバケットシート(フロントのみ)を装着。ステアリングホイールとシフトノブには専用のシルバーステッチが施されるほか、専用バッジやシリアルナンバー付きプレートなども与えられる。

ボディカラーは新色のライトニングブルーマイカを含む全3色をラインナップ。5段MTのみが設定され、価格はベース車より33万6000円高い232万500円。

(Clubpyme 本諏訪)


ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売の画像

ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売の画像

ボディ強化の特別な「三菱コルトラリーアート」、300台限定で発売の画像

関連キーワード:
コルト, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
ホームへ戻る