新型プジョー、大阪で初お目見え

1998.11.18 自動車ニュース

新型プジョー、大阪で初お目見え(11/18)

インチケーププジョージャパンは11月20日より大阪で開かれる輸入車ショウで、新型「プジョー206」を日本で初めて一般公開する。

新型はさる10月フランスで開催された通称「パリサロン」でデビューしたプジョーのコンパクトハッチバックで、わが国でも売られている106と306シリーズの中間に位置している。欧州では大胆なフロントマスクのデザインと、エモーショナルな局面処理が話題を呼んでいる1台だ。

11月20日より11月23日までインテック大阪で開催される「大阪輸入車ショウ」に出展されるのは、1.4リッター4気筒SOHCエンジン搭載モデルで、4ドアに5段マニュアルギアボックスを備えた仕様だ。ボディサイズは全長x全幅x全高=3835x1652x1428ミリで、ホイールベースは2442ミリである。日本での発売は「1999年中頃」(インチケーププジョージャパン)だそうだ。

 
新型プジョー、大阪で初お目見えの画像

関連キーワード:
206, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る