ホンダシビック「TYPE R」がフルモデルチェンジ

2001.10.19 自動車ニュース

ホンダシビック「TYPE R」がフルモデルチェンジ

本田技研工業は、シビックのホットモデル「TYPE R」をフルモデルチェンジし、2001年12月16日に発売する。

2001年2月のジュネーブショーではじめて一般公開された3ドアのシビック「TYPE R」。今回発売されるモデルは、英国にあるHonda of UK Manufacturingで生産され、日本へ輸出される。

開発コンセプトは、「Dangan Hot Hatch」。とても塊感が強いプロポーションは、まさしく“弾丸”だ。

パワーユニットは、ホンダごジマンの「i-VTEC」を備えた、高回転、高出力を謳う2リッター直4DOHCエンジン。215ps/8000rpm、20.6kgm/7000rpmを発生する。「インテグラTYPE R」と同じ型のエンジンだが、シビックのそれは5psデチューンされたものとなる。
組み合わされるトランスミッションは、クロスレシオの6段マニュアル。欧州のサーキットで鍛えたという専用チューニングを施したサスペンションと205/4517タイヤで、足もとの強化を図る。

エアロパーツや軽量ホイール、赤いエンブレムがついたエクステリア、さらにはインパネシフトに装着されるアルミ製シフトノブやレカロ製バケットシート、MOMO製本革巻きスポーツステアリングホイールなど、「TYPE R」お馴染みの装備を装着する。

価格は、220.0万円。オートエアコンやパワーウィンドウなど快適装備を追加したモデルは、33.0万円高となる。

(Clubpyme 有吉)

 
ホンダシビック「TYPE R」がフルモデルチェンジの画像

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る