今度は“クール”、「パジェロミニ・スヌーピーエディション」

2001.11.09 自動車ニュース

今度は“クール”、「パジェロミニ・スヌーピーエディション」

三菱自動車は、「パジェロミニ」の内外装に人気キャラクター「スヌーピー」をあしらった特別仕様車「スヌーピーエディションII」を、2001年10月23日に発売した。

「スヌーピーエディションII」は、スヌーピーが登場するコミック「ピーナッツ」の50周年記念キャンペーンの一環として2000年4月に発売された「スヌーピーエディション」の第2弾だ。
第1弾は「シック&キュート」をコンセプトに、ボンネットや非常用タイヤケースなど、白基調のボディいたるところにスヌーピーのイラストを施したのに対し、「II」は「クール」へ路線を変更。専用の「ブラック/ダークグレー」2トーンカラーで引き締まったカッコとなって登場した。

「スヌーピーエディション」の証は、ボンネットフード先端の「SNOOPYデカール(足跡マーク+文字)」、センターピラーの「SNOOPYエンブレム」、左リアクオーター(助手席側)に貼られるピーナッツの作者チャールズ・シュルツ氏の「サイン・デカール」など。もちろん、第1弾でも採用された「SNOOPYスペアタイヤケース」も受け継がれる。
内装には、「SNOOPY刺繍入りシート生地」、「SNOOPYをプリントしたドアトリム生地」を配したのに加え、昼間と夜間でイラストが切り替わる「SNOOPYスピードメーター&タコメーター」も備わる(ご立派!)。

価格は、659cc直4リーンバーンエンジン搭載モデルが135.0万円(2WD)と158.0万円(4WD)、同インタークーラーターボを搭載するモデルは4WDのみで168.5万円。いずれも4ATが組み合わされる。

(Clubpyme 大澤)

 
今度は“クール”、「パジェロミニ・スヌーピーエディション」の画像

関連キーワード:
パジェロミニ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロミニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • フォルクスワーゲンTクロス(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.4.2 試乗記 日本への導入がうわさされる、フォルクスワーゲンの都会派クロスオーバー「T-Cross(Tクロス)」。新たなコンパクトモデルはどんなクルマに仕上がっているのか? スペインはマヨルカ島で試乗した印象を報告する。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る