トヨタ「エスティマ」に特別仕様車

2002.04.22 自動車ニュース

トヨタ「エスティマ」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「エスティマT」「エスティマL」に、内外装を飾った特別仕様車「AERAS Sエディション」「AERAS Gエディション」を設定、2002年4月18日に発売した。

「エスティマAERAS Sエディション」は、グレーの専用シート/同ドアトリム表皮、黒木目調の本革巻き専用ステアリングホイールを採用。さらにメーターなどの文字や目盛りをアンバー色としたオプティトロンメーターとし、スポーティ感を高めた仕様とした。
ボディ色は、特別色ブラックを含む全3色を用意。ブラックを選んだ場合、フロントグリルはボディ同色の専用品となる。
価格は、2.4リッター+2WDの274.0万円から3リッター+4WDの322.0万円まで。DVDボイスナビゲーションなどを装備した「ナビスペシャル」は、29.0万円高。

一方「エスティマAERAS Gエディション」は、ホワイトパールマイカで塗られたボディ、プリントモケットのシート&ドアトリム表皮、木目調の本革巻きステアリングホイールなどを与え、高級感を演出したモデルである。
2.4リッター+2WDの277.5万円から3リッター+4WDの325.5万円まで。ナビスペシャルはやはり29.0万円高となる。

(Clubpyme 有吉)

トヨタ自動車「エスティマAERAS Sエディション/AERAS Gエディション」:

 
トヨタ「エスティマ」に特別仕様車の画像

関連キーワード:
エスティマ, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
ホームへ戻る