「マツダ・デミオ」一部グレードで仕様変更

2012.04.03 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」一部グレードで仕様変更

マツダは、コンパクトカー「デミオ」の一部仕様を変更し、2012年4月3日に発売した。

今回、「13-SKYACTIV」に標準で備わるホイールが、アルミホイールからスチールホイールに変更された。また、これまでオプション扱いだった「後席6:4分割可倒式シート」「後席中央席3点式シートベルト」「運転席シートリフター」は標準装備となり、価格は5万円安の135万円へと改められた。

その他「デミオ」シリーズの変更点としては、「13C」(FF/5MT)に「後席6:4分割可倒式シート」と「後席中央席3点式シートベルト」、「ボディーカラー同色のドアミラーとドアハンドル」が与えられたほか、「13C-V」に代えて新グレード「13C-Vスマートエディション」がラインナップに加わったことが挙げられる。

シリーズ全体の価格は、「13C」(FF/5MT)の114万9000円から「SPORT」(FF/CVT)の162万1750円まで。

(Clubpyme 関)

「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」
「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」 拡大

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化 2018.8.31 自動車ニュース マツダがコンパクトカー「デミオ」を一部改良。搭載するガソリンエンジンの排気量を1.3リッターから1.5リッターに拡大した。同時に、スエード調人工皮革「グランリュクス」をふんだんに用いたインテリアが特徴の特別仕様車「ミストマルーン」を発売した。
  • 第1回:麗しのタクシードライバー “Assurance WeatherReady”を試す 2018.12.27 使って試すオールシーズンタイヤの真価<PR> 冬用タイヤへの履き替えなしに、年間を通して使えるオールシーズンタイヤの新製品「グッドイヤー・アシュアランス ウェザーレディー」を、“麗しのタクシードライバー”生田佳那が試す。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.7 試乗記 デビュー以来初めて仕様が変更された、ホンダの“ハイブリッドスーパースポーツ”「NSX」。ワインディングロードで乗った最新型は、特別な高性能バージョンとして売り出してもいいと思えるほどに変貌を遂げていた。
ホームへ戻る