「マツダ・デミオ」一部グレードで仕様変更

2012.04.03 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」一部グレードで仕様変更

マツダは、コンパクトカー「デミオ」の一部仕様を変更し、2012年4月3日に発売した。

今回、「13-SKYACTIV」に標準で備わるホイールが、アルミホイールからスチールホイールに変更された。また、これまでオプション扱いだった「後席6:4分割可倒式シート」「後席中央席3点式シートベルト」「運転席シートリフター」は標準装備となり、価格は5万円安の135万円へと改められた。

その他「デミオ」シリーズの変更点としては、「13C」(FF/5MT)に「後席6:4分割可倒式シート」と「後席中央席3点式シートベルト」、「ボディーカラー同色のドアミラーとドアハンドル」が与えられたほか、「13C-V」に代えて新グレード「13C-Vスマートエディション」がラインナップに加わったことが挙げられる。

シリーズ全体の価格は、「13C」(FF/5MT)の114万9000円から「SPORT」(FF/CVT)の162万1750円まで。

(Clubpyme 関)

「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」
「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」 拡大

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.3.16 試乗記 りりしいフロントマスクや新開発のエンジンなどを携えてデビューした新型「メルセデス・ベンツAクラス」だが、その目玉はやっぱり“普通の言葉”での対話が可能なインターフェイス「MBUX」。あれこれ話しかけ、できることとできないことを洗い出してみた。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.15 試乗記 ホンダのベストセラーSUV「ヴェゼル」に高性能グレード「ツーリング」が追加された。コンパクトなボディーを最高出力172psの1.5リッターVTECターボエンジンで操るうちに見えてきた、同車にとって最大のライバルとは!?
ホームへ戻る