シトロエンが「DS3」に新パワートレイン搭載

2014.02.17 自動車ニュース
「シトロエンDS3」
「シトロエンDS3」
    拡大

シトロエンが「DS3」に新パワートレインを搭載

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月17日、3ドアコンパクトモデル「シトロエンDS3」に一部改良を実施し、発売した。

今回の改良ではエントリーグレード「シック」のエンジンおよびトランスミッションを一新。新たに1.2リッター直3エンジンと、「ETG5」(オートマチックモード付きエフィシェントトロニック・ギアボックス)と呼ばれる5段ロボタイズドMT、アイドリングストップ機構「ストップ&スタートシステム」を搭載した。

これにより、燃費は1.6リッター直4エンジンと4段ATを搭載していた従来モデルから約49%改善し、18.6km/リッター(JC08モード)を実現した。

また、全グレードにオーディオ(8スピーカー)を標準装備としたほか、ボディーカラーには新たに「ブランバンキーズ+ブルーアンフィニ」のツートンカラーを追加設定した。

価格はシックが247万円、スポーツシックが270万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
DS3, シトロエン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX【開発者インタビュー】 2018.12.28 試乗記 レクサスブランド初となる、コンパクトクロスオーバーモデル「UX」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの加古 慈さんと、デザインを取りまとめた三木鉄雄さんに語ってもらった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る