第42回「BMW 523d Mスポーツ」

2014.03.28 水野和敏的視点

クリーンディーゼルの導入に熱心なBMW

今回は「BMW 523d Mスポーツ」に試乗します。車名からも分かる通り、ディーゼルエンジンを搭載するモデルで、排気量は2リッター。トランスミッションは8段ATです。

早いものでこの連載も42回目となりますが、ディーゼル車のテストは、実は今回が初めて。皆さんは意外に思うかもしれませんが、私はヨーロッパにいるときは、いつもディーゼルエンジン車を使っています。レンタカーを利用するときも、ガソリン車が用意されていると、あえてディーゼルに替えてもらっているぐらいなんです。その理由は簡単。給油回数の少なさと、200km/h走行時における快適性と安心感の高さに魅力を感じているのです。

私はヨーロッパではほとんど飛行機を利用しません。オランダから南仏までであってもクルマで移動します。ガソリン車だと給油は1日に1回、特にアウトバーンを多用すれば1日に2回は必要になりますが、ディーゼル車なら2日に1回で済みますし、給油後、ドライブコンピューターはいつも1300km程度走行可能であることを示しています。

また、ディーゼル車なら200km/hで走っていてもエンジン回転は3500rpm以下ですが、ガソリン車だと4000rpm以上になる場合が多く、一日中走っていると、この差は快適性の面でとんでもない差になります。もちろん、高速になればなるほど、燃費にだって差が出ます。

その一方で、少しゆっくりと130km/hでクルーズコントロールをセットして走っていれば、例えばメルセデス・ベンツの「Eクラス」なら20km/リッター程度の燃費が表示され続けます。私は個人的にはディーゼル乗用車のファンなのです。

輸入車の分野だけでなく、わが国の乗用車市場へのディーゼルモデル導入の先鞭(せんべん)を付けたのはメルセデス・ベンツでしたが、後発のBMWも、いまでは負けず劣らず、熱心にディーゼルモデルをラインナップしています。
今回試乗する5シリーズセダンは4気筒ディーゼル(184ps、38.7kgm)ですが、5シリーズのクロスオーバー版たる「X5」には、「X5 xDrive35d」として、3リッターの6気筒ディーゼル(258ps、57.1kgm)が用意されます。4気筒と6気筒、いずれもアルミ合金のクランクケースを用い、精緻な燃料噴射を可能とするコモンレールインジェクションを採用。気になる燃費は、523dが16.6km/リッター、X5 xDrive35dが13.8km/リッターです(いずれもJC08モード値)。


拡大
写真は同型車のもの。試乗車のものではありません。(写真=BMW)
写真は同型車のもの。試乗車のものではありません。(写真=BMW)
    拡大
BMW 523d Mスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4920×1860×1470mm/ホイールベース:2970mm/車重:1780kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:184ps/4000rpm/最大トルク:38.7kgm/1750-2750rpm/タイヤ:(前)245/45R18 (後)275/40R18/価格:683万円(消費税5%込み)
拡大

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • 新型「BMW 3シリーズ」の先行受注がスタート 2019.1.30 自動車ニュース BMWジャパンは2019年1月30日、スポーツセダンの新型「BMW 3シリーズ」を発表した。同年3月9日に販売を開始する。新世代のデザイン要素を取り入れ、よりスポーティーかつ洗練されたデザインとなっている。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
ホームへ戻る