「水野和敏的視点」 vol.67 「ダイハツ・コペン ローブ」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は軽自動車のオープンスポーツカー「ダイハツ・コペン ローブ」に試乗する。ミスターGT-Rはこのダイハツの意欲作をどう見るのだろうか。

■骨格は新しくなったが……

軽自動車では、相変わらず「ダイハツ・タント」「スズキ・ワゴンR」「ホンダN-BOX」などの実用的なトールワゴンが人気を博しています。しかし、走る楽しさをテーマにしたモデルも、少数ながら存在します。今年の6月に発売された2シーターのオープンスポーツカー「ダイハツ・コペン ローブ」もそんなジャンルのクルマです。先代モデルと同様に、自動で開閉する折り畳み式のハードトップを持ち、トランスミッションには5段MTとCVTが用意されます。今回試乗するのはCVTモデル。車両本体価格は179万8200円です。

さて、早速、車両を見ていきましょう。デビュー前から喧伝(けんでん)されていたように、このクルマの特徴は「着せ替え」ができる、つまり外板を交換できることにあります。その下には、ダイハツが「D-Frame」と呼ぶ新しい骨格構造が隠れています。

ただ、パッと見ただけでも、私にはこの骨格の、特にキャビン後方のボディー構造に対して、いくつかの疑問が浮かび上がります。

そのひとつめが、キャビンとトランクを結ぶ部分です。幅の広いルーフ収納スペースに場所を取られてしまい、平板一枚という感じの薄いメンバー類で構成された構造になっている上に、このメンバーを左右でつなぐクロスメンバーもスペースの関係で通常の軽自動車より小さな断面構造となっています。これはあたかも「トランクがキャビンの後端にぶら下がっている」と思ってしまうような設計です。ルーフ部分の構造体のないオープンカーの場合、本来であればこの部分は、通常の軽自動車より補強されていなければならないはずですが……。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。プレミアム会員(月額500円+税)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。

プレミアム会員に登録する