第84回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(後編)

2015.01.23 水野和敏的視点

スロットルの“早開き”に疑問あり

今回も引き続き、BMW 2シリーズ アクティブツアラー(以下、アクティブツアラー)をチェックします。このクルマは、いわばFFモデルのスペシャリティーカーである「MINI」で成功を収めたBMWが、満を持してBMWブランドで投入したFFハッチバックです。なお、国内で販売されるアクティブツアラーには、1.5リッター直3ターボ(136ps、22.4kgm)と、2リッター直4ターボ(231ps、35.6kgm)の2種のエンジンが搭載されますが、今回試乗したのは前者です。

3気筒エンジンをかけると、振動が少々気になることは前回、指摘したとおり。アクセルペダルを踏んでいくと、スロットルがずいぶん“早開き”であることがわかります。つまり、実際にペダルを踏んだ量より、エンジン側のスロットルがはるかに大きく開いているのです。イメージとしては、ペダルを「1」踏むと、エンジン側のスロットルが「1.3」から「1.4」くらい開く印象。加速感を演出したいのでしょうが、これはちょっと過剰演出というべきでしょう。

かつて「スバル・レヴォーグ」をテストした時(第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」)にも、同じような指摘をしたことを思い出しました。2リッターターボエンジンを搭載するレヴォーグは力に余裕があるため、ペダルを踏んだ量とスロットル開度が素直に比例していましたが、1.6リッターターボモデルでは、やはりスロットルを早開きにして力強さを演出していました。

この手の味付けをすると、カタログ燃費に対して実用燃費が大きく悪くなる可能性があります。メーカーのテストドライバーが届け出燃費を測る時は、意識してゆっくりペダルを踏みますが、一般のユーザーはそうではありません。そう考えると、これは納得できる設定とは言えません。


第84回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(後編)の画像 拡大

第84回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(後編)の画像 拡大

第84回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(後編)の画像 拡大
BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4350×1800×1550mm/ホイールベース:2670mm/車重:1490kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:136ps/4400rpm/最大トルク:22.4kgm/1250-4300rpm/タイヤ:(前)205/55R17 91W (後)205/55R17 91W/価格:381万円
BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4350×1800×1550mm/ホイールベース:2670mm/車重:1490kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:136ps/4400rpm/最大トルク:22.4kgm/1250-4300rpm/タイヤ:(前)205/55R17 91W (後)205/55R17 91W/価格:381万円 拡大

第84回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(後編)の画像 拡大

関連キーワード:
2シリーズ クーペ, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.26 試乗記 より未来的なデザインや最新のユーザーインターフェイスを手に、華々しくデビューした新型「ポルシェ911」に、スペイン・バレンシアで試乗。最新の911は最良の911か? 長年繰り返されてきたこの問いを、新型にも投げかけてみた。
ホームへ戻る