マツダCX-5

2016.12.15 画像・写真

マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。その姿を画像で紹介する。

新型CX-5のキーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動(こどう)」と呼ばれる同社のデザインコンセプトをより高い領域へ引き上げた。

走行性能では、ドライバーのステアリング操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで車両の操縦性と安定性を高める「G-ベクタリング コントロール」を全車に標準装備したほか、静粛性や乗り心地を改善して同乗者の快適さも向上させた。(Clubpyme)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.3.11 試乗記 「マツダCX-5」のラインナップに加わった、最もパワフルなガソリンターボ車「25T」に試乗。その走りは驚くほど軽快かつさわやかで、いまどき貴重な“内燃機関のよさ”を印象づけるものだった。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る