装備が充実した2タイプの「レンジローバー イヴォーク」限定発売

2017.06.09 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク フリースタイル」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク フリースタイル」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月8日、プレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の限定車「レンジローバー イヴォークFREE_STYLE(フリースタイル)」と「レンジローバー イヴォークCOOL_STYLE(クールスタイル)」を発表。同日、受注を開始した。

「レンジローバー イヴォーク フリースタイル」のボディーカラーはフジホワイトのみ。90台限定で販売される。
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル」のボディーカラーはフジホワイトのみ。90台限定で販売される。拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル」のインテリア。
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル」のインテリア。拡大
 
装備が充実した2タイプの「レンジローバー イヴォーク」限定発売の画像拡大

今回のレンジローバー イヴォーク フリースタイル/クールスタイルは、さまざまな装備を付与することで、レンジローバー イヴォークの定評あるデザインと先進性をさらに際立たせたという限定車。両モデルとも、ベースとなるのは、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーモデル「SE」(2017年モデル)で、自動緊急ブレーキやアドバンスドパークアシスト、ハンズフリーパワーテールゲートなどが与えられる。

このうちフリースタイルには、上記に加えてキセノンヘッドライトやフロントフォグライトなどを含むSEテクノロジーパック、シートヒーター、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)、レーンキープアシストなどが備わる。

主な特別装備は以下の通り。

  • SEテクノロジーパック(キーレスエントリー、キセノンヘッドライト<ヘッドライトオートレベリング付き>+ヘッドライトパワーウオッシャー、フロントフォグライト、オートハイビームアシスト、ハンズフリーパワーテールゲート)
  • シートヒーター(フロント)
  • レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)
  • レーンキープアシスト
  • 自動緊急ブレーキおよびドライバーコンディションモニター

価格はベースモデル(502万円)より3万円安の499万円で、ボディーカラーはフジホワイトのみ。90台限定で販売される。

「レンジローバー イヴォーク クールスタイル」(写真はサントリーニブラックのモデル)
「レンジローバー イヴォーク クールスタイル」(写真はサントリーニブラックのモデル)拡大
「レンジローバー イヴォーク クールスタイル」のインテリア。
「レンジローバー イヴォーク クールスタイル」のインテリア。拡大
「レンジローバー イヴォーク クールスタイル」のボディーカラーは、フジホワイト(写真)とサントリーニブラックの2色から選べる。
「レンジローバー イヴォーク クールスタイル」のボディーカラーは、フジホワイト(写真)とサントリーニブラックの2色から選べる。拡大

もう1台のクールスタイルは、フジホワイト(限定45台)またはサントリーニブラック(限定9台)のボディーカラーが選択可能。ルーフとリアスポイラーをコリスグレーで仕上げたコントラストペイントや、18インチスタイル506アロイホイール、フィギュアドマカッサルウッドのトリムなどが特徴となっている。

クールスタイルの主な特別装備は以下の通り。

  • 18インチ 5スプリットスポークスタイル506アロイホイール(スパークルシルバーフィニッシュ)
  • メタリックペイント(サントリーニブラックのモデルのみ)
  • フロントフォグライト
  • キーレスエントリー
  • ハンズフリーパワーテールゲート
  • コリスグレーコントラストペイント(ルーフ、リアスポイラー)
  • フィギュアドマカッサルトリムフィニッシャー
  • レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキ
  • アドバンスドパークアシスト
  • 360度パークアシスト

価格は549万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
ホームへ戻る