漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場

2017.08.28 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

トヨタ自動車は2017年8月28日、「クラウン アスリート」に特別仕様車“J-FRONTIERリミテッド”を設定し、販売を開始した。

「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。
「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

今回の“J-FRONTIERリミテッド”は、駐車場などでのアクセル踏み間違え時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」を装備したほか、特別な内外装が与えられている。

特別装備の内容は以下の通り。

【全車共通】

  • 外装色:ブラックほか全6色、および「JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE」(全12色)
  • 内装色:アイアンブラック(特別設定色)
  • フロントグリル(フードモール、アッパーモール、ロアモール、カバーモール):漆黒メッキ
  • フロントフォグランプベゼル:ブラック
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール:ブラックレイヤーウッド(本杢目)
  • インストゥルメントパネル/ドアトリム/センターコンソール/シフトノブ:ブラックレイヤーウッド調加飾
  • ウルトラスエード×本革シート表皮
  • アルミペダル(アクセル、ブレーキ)
  • インテリジェントクリアランスソナー

【S“J-FRONTIERリミテッド”、S Four“J-FRONTIERリミテッド”】

  • 王冠エンブレム(フロント)/Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)/リアライセンス、LEDリアコンビネーションガーニッシュ:ダークスモークメッキ
  • LEDリアコンビネーションランプ(エクステンションサイド部):ブラック

【S-T“J-FRONTIERリミテッド”】

  • リアバンパーロアスポイラー:ブラック
  • 前席シートヒーター

価格は以下の通り。

  • S-T“J-FRONTIERリミテッド”:454万6800円
  • S“J-FRONTIERリミテッド”:497万8800円
  • S Four“J-FRONTIERリミテッド”:519万4800円

(Clubpyme)

関連キーワード:
クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ホンダ・ヴェゼル モデューロ仕様 プレミアムエアロスタイル(4WD/7AT)【レビュー】 2019.3.20 試乗記 開発が進む「ホンダ・ヴェゼル モデューロX」のプロトタイプに試乗。時にアクティブでありながらリラックスしたドライビングも楽しませてくれる走りは、量産型への期待が膨らむものだった。
  • 第26回:マツダ3 2019.3.13 カーデザイナー明照寺彰の直言 エンジンやシャシーに用いられる新技術はもちろん、斬新なデザインでも注目を集めている新型「マツダ3」。「深化した魂動デザイン」の嚆矢(こうし)となる一台に、現役の自動車デザイナー明照寺彰は何を感じたのか?
ホームへ戻る