第58回:ACCの麻薬的快楽

2017.09.12 カーマニア人間国宝への道

ACCはまるでマリファナだ

255万円で買った激安“エリート特急”こと我が「BMW 320d」。今のところ大当たりです!

あくまで今のところ、つまり大きな故障の発生がない段階での話ですが、ボディーも内装も走りも新車と大差なし! なにせ3年落ち2.4万kmだからアタリマエと言えばそれまでだけど、値段が新車の6割引きなんだから笑いが止まらない。まさに大勝利の高笑い!

中でも私が最も感動したのは、自家用車としては初体験のACC(アダプティブクルーズコントロール)だ。

もちろん借り物では数えきれないほど体験しております。ACC初体験は、20年ほど前の「トヨタ・プログレ」でした。

あの頃は私も血気盛ん、なんぴとたりともオラの前を走らせねぇ! ぐらいの勢いでしたが、プログレのACCをセットし、東名の一番左車線を淡々と走ったら、闘争心もスピードへの情熱もすべて消え去り、その癒やし感に陶然としつつ、70km/hで走るトラックにカルガモのごとく追従し続けました。そんな自分に心底驚きました……。

あれはダウナー系の麻薬。マリファナですね。フェラーリはアッパー系の麻薬。ヘロインです。ヘロインは24年間欠かしませんでしたが、マリファナを我が物にしたのはこれが初めて。愛車と借り物とじゃ実感の濃さが違います。

“エリート特急”こと「BMW 320d」と筆者。
“エリート特急”こと「BMW 320d」と筆者。拡大
「トヨタ・プログレ」
「トヨタ・プログレ」拡大
“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。
“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る