レクサスLS500h“バージョンL”(前編)

2018.02.22 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はレクサスのフラッグシップサルーン「LS」である。大胆に変身した新型は、谷口のお眼鏡にかなうか? まずはエクステリアとインテリアをじっくり見ていこう。

スタイリングは抜群にいい

「このスタイリング、すっごい好きですよ」
11年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたレクサスLSを目の前にして、谷口信輝は興奮気味に語り始めた。
「フロントマスクもかっこいいし、Cピラーの形もすごく好き。ボディーは旧型よりも長くなりましたが、スタイリングは抜群にいいですね」

レクサス好きの谷口、試乗前にどうやらいろいろと調べてきてくれたようだ。そう、旧型LSには標準ホイールベース車(2970mm)のほかにロングホイールベース車(3090mm)がラインナップされていたが、新型はホイールベースを1種類に統一。ただし、その値は3125mmで旧型のロングホイールベース車よりも長く、全長も25mm伸びて5235mmとなった。谷口が「長くなった」と指摘するのも無理からぬことだ。

また、フラッグシップモデルとあってそのデザインは全身にこだわりが貫かれている。たとえば谷口が“かっこいい”と認めたスピンドルグリルのメッシュ形状は、全体的な流れを作りつつ、ひとつひとつの小さな面を緻密にデザイン。その作業にはCADモデリングが動員されたようだが、計算した面の数は数千にも上ったという。

もうひとつ、谷口も気に入ったCピラーにもこだわりが詰まっている。実はこのCピラー、後方から見ると直線的に下降しているように映るが、やや前方から見ると途中で円弧を描くようにして下降する勾配が変化していることに気づく。これはクーペライクなフォルムを形作るいっぽうで、キャビン後半部分の視覚的な荷重を後輪でぐっと支えているような効果を生み出すのが目的だったそうだ。

そのほかにも、サイドウィンドウをフラッシュサーフェイス化するために特別な支持メカニズムを作り出したりといった具合で、トピックスには事欠かない。

 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大
レクサスLS500h“バージョンL”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5235×1900×1460mm/ホイールベース:3125mm/車重:2370kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm/モーター最高出力:180ps(132kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:359ps(264kW)/タイヤ:(前)245/45RF20 (後)245/45RF20/価格:1500万円
レクサスLS500h“バージョンL”
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5235×1900×1460mm/ホイールベース:3125mm/車重:2370kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm/エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm/モーター最高出力:180ps(132kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:359ps(264kW)/タイヤ:(前)245/45RF20 (後)245/45RF20/価格:1500万円拡大
 
レクサスLS500h“バージョンL”(前編)の画像拡大

関連キーワード:
LS, レクサス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
ホームへ戻る