第490回:都市生活者の良きパートナーに
「レクサスUX」のチーフエンジニアにインタビュー

2018.03.28 エディターから一言
「レクサスUX」と同車の開発を率いたレクサスインターナショナルの加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント。
「レクサスUX」と同車の開発を率いたレクサスインターナショナルの加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント。拡大

ジュネーブモーターショー2018で、レクサスは新型クロスオーバー「UX」を世界初披露した。「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトを掲げるUXの見どころとは? 開発を率いたレクサスインターナショナルの加古 慈(かこ ちか)エグゼクティブ・バイス・プレジデントに、UXに込めた思いを聞いた。

ジュネーブショー2018(開催期間:3月6日~18日)でワールドプレミアされた「レクサスUX」。
ジュネーブショー2018(開催期間:3月6日~18日)でワールドプレミアされた「レクサスUX」。拡大
プレスカンファレンスには大勢の報道関係者が詰めかけた。
プレスカンファレンスには大勢の報道関係者が詰めかけた。拡大
レクサスのクロスオーバー車のベーシックラインを担う「UX」。日本での発売は2018年冬頃となる予定。
レクサスのクロスオーバー車のベーシックラインを担う「UX」。日本での発売は2018年冬頃となる予定。拡大
レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(左)と、加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント(右)。
レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(左)と、加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント(右)。拡大

売れ筋ど真ん中のコンパクトSUV

先のジュネーブショーでワールドプレミアとなったレクサスUXは、Cセグメント相当の位置付けとなるレクサスとしてはまったく新しいポジションのSUVだ。

乗用車系のモノコックシャシーを用いて、いわゆる四駆的なプロファイルをもつクルマを作る。今日的なSUVの先駆けとなった「RX」は、現在もレクサスの最量販車種として「ES」(日本未導入)とともに屋台骨を支えている。

一方でSUVカテゴリーは欧米のキャッチアップが著しく、特にドイツの御三家においては隙間を埋め尽くす6~7のモデル群を構成してきた。先駆者利益に胡座(あぐら)をかく間などとっくになし。レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデントは、欧州勢に比べてうちはブランドの歴史も浅く、いたずらに手を広げて台数を追う段階ではないと謙遜するが、ものが世界で売れ筋ど真ん中のCセグメント系SUVとあらば気合も入るだろう。

そのUXをチーフエンジニア(CE)として取りまとめた加古 慈氏は、この1月からトヨタ自動車の常務役員に就任している。初の生え抜き女性役員としてメディアの注目を集めるが、ジュネーブショーの会場で尋ねてみたところ、ご本人はそのあたり、実にサバサバとなさっていた。

「クルマを開発するにあたって、女性ならではの視点や気遣いを採り入れたところはありますか? なんて質問をよく受けます。でも、そう言われても特別お伝えするようなことがあるもんじゃあないんです。だって、皆さん男性のCEにはそんなこと聞かないですよね」

話を交わす加古CEの表情は、キリッと引き締まった表情ではまったくない、むしろフワッとした笑顔だ。役職と職務のダブル重責を背負う力みは感じない。仮に感じさせないようにしているとしても、その余裕がリーダーにおいては大切だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る