ジュネーブモーターショー2018で、レクサスは新型クロスオーバー「UX」を世界初披露した。「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトを掲げるUXの見どころとは? 開発を率いたレクサスインターナショナルの加古 慈(かこ ちか)エグゼクティブ・バイス・プレジデントに、UXに込めた思いを聞いた。

売れ筋ど真ん中のコンパクトSUV

先のジュネーブショーでワールドプレミアとなったレクサスUXは、Cセグメント相当の位置付けとなるレクサスとしてはまったく新しいポジションのSUVだ。

乗用車系のモノコックシャシーを用いて、いわゆる四駆的なプロファイルをもつクルマを作る。今日的なSUVの先駆けとなった「RX」は、現在もレクサスの最量販車種として「ES」(日本未導入)とともに屋台骨を支えている。

一方でSUVカテゴリーは欧米のキャッチアップが著しく、特にドイツの御三家においては隙間を埋め尽くす6~7のモデル群を構成してきた。先駆者利益に胡座(あぐら)をかく間などとっくになし。レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデントは、欧州勢に比べてうちはブランドの歴史も浅く、いたずらに手を広げて台数を追う段階ではないと謙遜するが、ものが世界で売れ筋ど真ん中のCセグメント系SUVとあらば気合も入るだろう。

そのUXをチーフエンジニア(CE)として取りまとめた加古 慈氏は、この1月からトヨタ自動車の常務役員に就任している。初の生え抜き女性役員としてメディアの注目を集めるが、ジュネーブショーの会場で尋ねてみたところ、ご本人はそのあたり、実にサバサバとなさっていた。

「クルマを開発するにあたって、女性ならではの視点や気遣いを採り入れたところはありますか? なんて質問をよく受けます。でも、そう言われても特別お伝えするようなことがあるもんじゃあないんです。だって、皆さん男性のCEにはそんなこと聞かないですよね」

話を交わす加古CEの表情は、キリッと引き締まった表情ではまったくない、むしろフワッとした笑顔だ。役職と職務のダブル重責を背負う力みは感じない。仮に感じさせないようにしているとしても、その余裕がリーダーにおいては大切だ。

ハッチバック車を走りのベンチマークに

以前は「CT」のマイナーチェンジを担当したという加古CEにとって、それでもUXはゼロベースから開発した初めてのクルマということになる。込めたる思いは大きかったことだろう。

「UXは年齢や性別といった枠を意識せず、まずは都市生活者にとって毎日のパートナーとなり得る適切なパッケージ、そして移動の時間を彩る上質感をレクサスらしく表現することを考えました。SUV的なキャラクターはもちろん前提にはありましたが、これは乗降性やアイポイントの高さなど、誰にでも乗りやすい扱いやすいカタチという点でもベストな選択だったと思います」

UXの開発が本格的にスタートしたのは2015年だが、それ以前からクルマの成り立ちについては相当な議論が重ねられてきたという。

「この時、すでにTNGAのスペックは確定していましたから、全体的な低重心化やカウル高の低下は織り込めていました。その長所を生かして動的なところでは走りを軽快でキビキビしたものにしようと、同級のSUVではなく普通のハッチバックモデルを動的なベンチマークとして開発を進めたわけです。一方で、スタイリング面ではSUVならではの力感というか守られ感みたいなところはしっかり感じてもらえるようにしたかったんですね」

細かな気配りにあふれた室内

スポーティーな乗用車のように低めの着座位置、そしてコックピット的な囲まれ感のある内装……といえばライバルで思い浮かぶのはメルセデスの「GLA」や「アウディQ2」、BMWの「X2」といったところだ。しかし同様の趣旨をもちながらUXのエクステリアは従来のSUVに近い、天地に厚くドシッとした佇(たたず)まいを感じさせるようにデザインされているという。

「内側からの機能面でこだわったのは視界ですね。車格を感覚的に把握しやすく、死角を極力削(そ)いで見通しが利く、その抜け感みたいなところを大事にしました。あと、スイッチ類やアームレスト、カップホルダーといったものが後方寄りにあると、小柄な方が前寄りのドライビングポジションを合わせた時にとても使いにくい。こういうものは極力前方に配置するように配慮しています」

男だらけの現場だと意外とざっくりしつらえられてしまうところに、細かな気配りが注がれている。加古CEは特別なことではないと思っているかもしれないが、このあたりは女性らしい視点だろう。

それにしても、低くしろ高く見せろ、おっと死角はなしで……と、これは中の方々は大変だったのではないかと尋ねれば、苦笑するデザイナーを横目に加古CEはこう言う。

「そう。私は傍らで素直に感じた矛盾をひたすら口にしてただけかもしれません。でもチームのみんながいろいろと考えてくれて、それが解決できそうなソリューションが集まってくるんですよ。うわ、できちゃうんだこんなこと……と、実は内心、びっくりしてました」

実はUXの全高は、基本アーキテクチャーを同じくする「C-HR」よりも低いという。が、実物を見る限りとてもそうは思えない。デザイナーが腐心したという強い塊に見せる、そのための技巧が隅々に行き渡っているのだろうが、結果的に他のレクサスのモデルとは微妙に一線を画するシンプルさをもっているところが興味深い。クルマ自身の力みのなさもまたCE譲りだろうか。ちなみにUXは今秋~冬の上市を予定しており、開発は最後のツメを重ねているところだという。

(文=渡辺敏史/写真=トヨタ自動車/編集=竹下元太郎)