巨額の投資を経て“背水の陣”で臨む!?
ポルシェの電動化計画に対する本気度を考察

2018.04.02 デイリーコラム

ポルシェの初の量産EVは2019年にお目見え

ルマン24時間レースを連覇した「919ハイブリッド」に採用されたシステムとの関連性をアピールしつつ、「2020年末までに発売する」というコメントと共に、ポルシェが初の量産電気自動車(EV)である「ミッションE」を発表してから2年半。

600psというハイパワーや3.5秒以下という0-100km/h加速タイムのみならず、現行の「911」にも用いられる4WDシステムやリアアクスルステアリングも搭載することで、すでにニュルブルクリンクの旧コースを7分30秒台で周回したとも伝えられるこのモデル。そうしたスピード性能だけでなく、「ターボチャージング」と呼ばれる800Vの高圧を用いた充電システム(ヨーロッパ地域を軸に2020年までに1拠点あたり6基のポールを備えたチャージングステーションを400カ所設けるという計画が進行中)を使うと「15分間の充電で400km以上の走行を可能とする」という超急速充電をうたう点でもエポックメーキングな存在だ。

3月のジュネーブモーターショーでは、発表済みだったスリークな4ドアサルーンの派生バージョンとして、新たなコンセプトモデル「ミッションEクロスツーリスモ」も披露された。

こちらのモデルでは、SUV風味を加えたシューティングブレーク調のスタイリングと共に、視線追跡システムを搭載したバーチャルメーター類や、助手席側いっぱいにまで広がる“パッセンジャーディスプレイ”の詳細なども公開された。同時に、ミッションEを2020年末までに発売というプランも「2019年に市販モデルをワールドプレミア予定」と前倒し。その登場がいよいよ目前に迫っていることが示唆された。

こうした流れの中でポルシェは、3月16日の年次総会にタイミングを合わせるカタチで、ツッフェンハウゼンの本社地区で計画が進行している新工場の見学会を開催。早速訪れてみると、ミッションEを念頭に置いたそのプロジェクトは、想像をはるかに超えた規模であると、度肝を抜かれることとなった!

ポルシェ初の量産EVとして開発が進められている「ミッションE」。前後アクスルにそれぞれモーターを備えており、600ps以上のシステム出力を誇る。
ポルシェ初の量産EVとして開発が進められている「ミッションE」。前後アクスルにそれぞれモーターを備えており、600ps以上のシステム出力を誇る。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事