2018年3月30日~4月2日、京都の元離宮二条城で「コンコルソ デレガンツァ京都 2018」が開かれた。2016年秋に初開催され、今回が2回目となるこのイベントは、「アジア初となる世界レベルのコンクールデレガンス」を目指したもの。総合プロデュースを務める木村英智氏は、観賞魚とアートを融合させたアートアクアリウムという新たな空間芸術を創作したプロデューサーにして、京都国際観光大使も務めている人物。大変なエンスージアストでもあり、2010年から毎年4月に東京・日本橋で開かれているクラシックカーイベント「ジャパン・クラシック・オートモービル」も、彼のプロデュースによるものなのだ。

「コンコルソ デレガンツァ京都 2018」は、歴史と権威を誇る世界の2大イベントとして知られている、イタリアのコンコルソ デレガンツァ ヴィラ デステとアメリカのペブルビーチ コンクール デレガンスをお手本としながら、世界文化遺産である元離宮二条城を会場とすることで、日本で開催する意義と独自性をアピール。その特別な舞台に加え、審査委員はヴィラ デステやペブルビーチで実際にジャッジを務めている面々を招いた。そして最も大切な要素であるエントリー車両は、「カロッツェリア トゥーリング スーパーレッジェーラ」という今回のテーマに沿ったトゥーリング製ボディーを持つモデルを中心とする、国際格式にふさわしい27台。しかも大半はイタリアからのエントリーだった。さらにテーマに沿って、アルファ・ロメオ博物館所蔵の「アルファ・ロメオ1900 C52 ディスコヴォランテ」をはじめとする5台の特別展示車両も並べられた。洋の東西と時空を超えた特別な舞台を彩った、珠玉の名車たちを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)