レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?

足まわりがすごくいい

取材当日の箱根は、いまにも雨粒が落ちてきそうな空模様。そこで、この日用意した数台の試乗車の走りをまずはざっと撮影し、あとでじっくりと乗り直すことになった。

このポロも、その数台の中に含まれていたのだが、最初に乗った直後の谷口はなぜか浮かない表情。このときは撮影を急いでいたので話を聞くチャンスはなかったが、あらためてしっかり試乗し終わったところで彼にマイクを向けてみた。

「あのね、意外とカーブが楽しい」 

おや? さっきまでの浮かない表情はいったいなんだろうと思うほどポジティブな言葉に一同キョトンとしていたが、そんなことはお構いなしに、谷口は新型ポロの印象を語り続けた。

「サスペンションがすごくいいと思います。カーブを小気味よく曲がってくれて、足がすごくいいって感じがする。おそらくサスペンションの構造が優れているんでしょうね」

なかでも谷口が特に感銘を受けたのが、コーナリング時の安定感と安心感だったという。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=関 顕也)

1/6
2/6
3/6
4/6
5/6
6/6

この記事は会員限定公開です。プレミアム会員(月額500円+税)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。

プレミアム会員に登録する