スズキ、インドネシアで新型「エルティガ」を発表

2018.04.19 自動車ニュース

スズキのインドネシア子会社であるスズキ・インドモービル・モーター社は2018年4月19日、3列シートの7人乗りミニバンである新型「エルティガ」を発表した。

エルティガは2012年にインドネシアとインドで生産・販売が開始された、小型の多目的乗用車である。コンパクトなボディーがかなえる取り回しのしやすさや、広い室内空間と居住性などで好評を博しており、2018年2月末までに世界70以上の国と地域で、累計68万台が販売されてきた。

今回の新型については、車両骨格に新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用するとともに、全長を130mm延長したことで広い室内空間と荷室スペースを実現。パワーユニットには高い燃費性能と動力性能を両立した、新開発の1.5リッターガソリンエンジンを採用している。

インドネシアでは自動車市場の約3割を多目的車カテゴリーのモデルが占めており、スズキは新型エルティガの投入により、さらなる拡販を図るとしている。またインドネシアに続き、インドでも同車を生産。両国より順次輸出も開始する予定だ。

(webCG)
 

新型「スズキ・エルティガ」
新型「スズキ・エルティガ」拡大

関連キーワード:
スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事