【北京ショー2018】ジャガー、「XJ」の50周年記念モデルを北京で発表

2018.04.27 自動車ニュース
「ジャガーXJ50」
「ジャガーXJ50」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年4月25日、北京モーターショー2018において、「ジャガーXJ」の50周年記念モデル「XJ50」をお披露目した。

 
【北京ショー2018】ジャガー、「XJ」の50周年記念モデルを北京で発表の画像拡大
 
【北京ショー2018】ジャガー、「XJ」の50周年記念モデルを北京で発表の画像拡大
 
【北京ショー2018】ジャガー、「XJ」の50周年記念モデルを北京で発表の画像拡大
 
【北京ショー2018】ジャガー、「XJ」の50周年記念モデルを北京で発表の画像拡大
「XJ50」と、歴代の「ジャガーXJ」シリーズ。
「XJ50」と、歴代の「ジャガーXJ」シリーズ。拡大

ボディーとパワートレインは、それぞれ2タイプ

ジャガーXJは、1968年に「XJシリーズI」として誕生以来、50年・8世代にわたって独自の存在感を保ってきた、ジャガーのフラッグシップサルーンである。

今回発表されたXJ50は、ボディータイプにスタンダードホイールベースとロングホイールベースの2種類を設定。またパワートレインは、3リッターV6ガソリンエンジン(最高出力340ps)と3リッターV6ディーゼルエンジン(同300ps)が用意される。

エクステリアには、新たに「オートバイオグラフィー」仕様の前後バンパーを採用。また50周年記念モデルであることを際立たせる要素として、20インチの「Venom」ホイールやブラックフロントグリル、そしてリアとサイドベントに専用バッジが配されている。ボディーカラーは、「フジホワイト」「サントリーニブラック」「ロワールブルー」「ロゼッロレッド」の4色展開となる。

一方インテリアは、ダイヤモンドカットのソフトグレインレザーシートに、ジャガーのリーパーロゴをエンボス加工したヘッドレスト、「XJ50」のロゴを施したセンターアームレストを組み合わせた、上質な室内空間に仕上げられている。

インタリオ技法を用いて加工した「JAGUAR」ロゴや、「XJ50」バッジを配したイルミネーション付きトレッドプレート、アノダイズ加工を施したギアシフトパドルやブライトメタルペダルなども、このモデル専用の装備となる。

(Clubpyme)

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 北京モーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.11.13 試乗記 BMWのオープントップスポーツ「Z4」の新型がいよいよデビュー。先代モデルよりもクルマ全体の洗練化が進んだ一方で、ボディーサイズはさらに拡大……。果たしてその運動性能は!? 試乗を通じてまだ見ぬ“姉妹車”にも思いをはせた。
  • トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)【レビュー】 2018.12.7 試乗記 来月(2019年1月)に迫った正式発表を前に、トヨタが新型「スープラ」のプロトタイプ試乗会を開催した。そこで語られた新型のキャラクターとは? 実際のドライブフィールは? Clubpyme編集部員が、速報でお届けする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.7 試乗記 デビュー以来初めて仕様が変更された、ホンダの“ハイブリッドスーパースポーツ”「NSX」。ワインディングロードで乗った最新型は、特別な高性能バージョンとして売り出してもいいと思えるほどに変貌を遂げていた。
  • 【LAショー2018】ポルシェが8代目となる新型「911」を世界初公開 2018.11.28 自動車ニュース ポルシェが8代目となる新型「911」を発表。450psのエンジンを搭載した「カレラS/カレラ4S」では、先代より0-100km/h加速タイムが0.4秒短縮されるなど、動力性能が大幅にアップ。デジタル化が進められたインテリアや充実した運転支援システムも特徴となっている。
ホームへ戻る