「モーターファンフェスタ2018」の会場から

2018.04.30 画像・写真

2018年4月22日、富士スピードウェイにおいて自動車体験イベント「モーターファンフェスタ2018」が開催された。

同イベントは、二輪や四輪の新型車をはじめ、チューニングカーやクラシックカー、モータースポーツ車両など、あらゆるジャンルのクルマたちが集うビッグイベントだ。第3回となる今年は、「“試乗”最大の自動車体験イベント」をテーマに、国内外の最新乗用車や250cc以下の最新バイクの試乗会を実施するなど、見て楽しむだけでなく、触れる喜びが大いにプラスされていた。さらにルノー・ジャポンの公式イベント「ルノー・スポール・ジャンボリー」との共催となったことも大きなトピックだ。

さまざまな自動車およびパーツメーカーがブースを出展したAパドックや、走行会が行われたレーシングコースだけでなく、イベント広場やドリフトコース、そして各駐車場と、富士スピードウェイの施設全体でさまざまなイベントがあり、1日では回り切れないほどの充実した内容だった。

富士山の姿が一日中楽しめるほど天候にも恵まれたこともあり、来場者数は昨年を上回る2万3952人に上り、3年連続で2万人超を記録した。多くのクルマ好きが、仲間や家族と共に朝から夕方まで楽しく過ごした会場の様子をお届けしよう。

(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
新着記事