第23回:反逆のデロリアン
“未来のクルマ”に結実した異端児の夢

2018.05.03 自動車ヒストリー 希代のカーガイが、それまでの成功を投げ打ってまで商品化に取り組んだスポーツカー「デロリアンDMC-12」。わずか1年で表舞台から姿を消した自動車史のあだ花と、このクルマにすべてをかけたジョン・ザカリー・デロリアンの物語を紹介する。

タイムマシンになったDMC-12

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)』が公開されたのは、1985年である。この作品がヒットする大きな要因となったのが、タイムマシンのフォルムだろう。企画当初は箱型になるはずだったが、自動車型にするという画期的なアイデアが採用されたのだ。

ベースになったのは「デロリアンDMC-12」である。ガルウイングドアを備えたフォルムは、シルバーに輝くステンレスボディーと相まっていかにも未来的だ。パワーユニットは原子炉である。時速140km以上にならないと装置が作動しないという設定で、速度を増すに連れて車輪の跡が炎のラインとなった。当時の日本の子供たちにとって、このクルマは本当に未来の乗り物のように見えたのだろう。しかし、DMC-12に未来はなかった。映画製作時に、すでに生産を終了していたのだ。

この新奇なクルマを作り出したのは、ジョン・ザカリー・デロリアンである。DMC-12には、彼の栄光と挫折がまるごと詰まっている。デロリアンはゼネラルモーターズ(GM)の元副社長だが、その地位を投げ捨てて新しいクルマを創造することに賭けた。大企業GMの中で、彼は反逆の男であり続けた。『BTTF』が公開された同じ年、彼は『デロリアン自伝』という本を出版している。文章中にはGMの元上司たちの実名が多数登場し、新しい風を吹き込むことを妨害した“企業の論理”への呪いの言葉が書き連ねられている。

デロリアンは、自動車都市デトロイトで1925年に生まれた。父はフォードで働く工員で、子供の頃から自動車に囲まれた環境で過ごしている。彼は自然に自動車エンジニアへの道を歩み、クライスラー工業大学で学位をとった。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
ブルーレイ:1886円+税
DVD:1429円+税
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
※2018年5月の情報
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
	ブルーレイ:1886円+税
	DVD:1429円+税
	発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
	※2018年5月の情報拡大
(C) 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.
(C) 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.拡大
『デロリアン自伝―天才経営者の栄光と挫折』(サンケイ出版)
『デロリアン自伝―天才経営者の栄光と挫折』(サンケイ出版)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事