本田技研工業は2018年5月17日、「ジェイド」にマイナーチェンジを実施し、同年5月18日に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、従来の3列シートの6人乗り仕様に加えて、「RS」を2列シートの5人乗り仕様に変更するなど、グレード構成の大幅な見直しを行った。また、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準装備としている。

グレード構成については、ハイブリッドモデルにスポーティーグレード「RS Honda SENSING」を追加設定したほか、従来「RS」のみだったガソリンモデルのラインナップに、新たなエントリーグレード「G Honda SENSING」と、スムーズで上質な走りを追求したという「X Honda SENSING」を追加。乗車定員は、ガソリン/ハイブリッドのRS Honda SENSINGおよびG Honda SENSINGが2列仕様で5人、このほかのグレードは3列仕様で6人となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • G Honda SENSING:239万8680円
  • X Honda SENSING:274万8600円
  • RS Honda SENSING:255万8520円
  • ハイブリッドX Honda SENSING:308万8800円
  • ハイブリッドRS Honda SENSING:289万8720円

デザインにも手を入れており、ガソリン/ハイブリッドともにRS Honda SENSINGではLEDヘッドライトやフロントグリル、LEDフォグライト、アルミホイールのデザインを刷新。その他のグレードでもフロントグリルに新デザインを採用している。また、G Honda SENSING以外のグレードには、新たにブラックルーフ仕様のエクステリアカラーを設定した。

また、ガソリンモデルのRS Honda SENSINGのCVTには、高回転域の加速フィーリング向上を狙った「全開加速アップシフト制御」と、ブレーキを踏んだ時にエンジン回転を高めて強めのエンジンブレーキをかける「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を加えている。

ハイブリッド車に搭載されるモーター内蔵式のデュアルクラッチ式7段AT「スポーツハイブリッドi-DCD」は、ギアレシオと駆動力制御を見直すことで、発進加速時のレスポンス向上を図った。

全車に標準装備としたホンダセンシングについては、新たに歩行者事故低減ステアリング機能を採用している。

(mobileCG)

1/6 : 「ホンダ・ジェイドRS Honda SENSING」
2/6 : エントリーグレードの「G Honda SENSING」以外のグレードには、新たにブラックルーフ仕様が設定された。
3/6 : 「RS Honda SENSING」のフロントマスク。LEDヘッドライトやフォグライト、グリルのデザインが刷新されている。
4/6 : 2列シート5人乗り仕様の室内レイアウト。
5/6 : 2列シート5人乗り仕様のラゲッジルーム。ゴルフバッグが4個収納できるという。
6/6 : 安全運転支援システム「ホンダセンシング」が全車に標準装備とされた。写真はステアリングスポーク上に備わるACCの操作スイッチ。