「スズキ・バレーノ」のターボ車、指定燃料がレギュラーガソリンに

2018.05.16 自動車ニュース

スズキは2018年5月16日、コンパクトハッチバック「バレーノ」の1リッターターボエンジン搭載車の指定燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンへと変更し、販売を開始した。

バレーノは、スズキのインドにおける子会社であるマルチ・スズキ・インディアが生産し、日本では輸入車として販売されているグローバルモデルである。

指定燃料をレギュラーガソリンとしたことで、最高出力が111psから102psに、最大トルクが160Nmから150Nmに、JC08モード燃費が20.0km/リッターから19.6km/リッターにそれぞれ変更となっている。

なお、指定燃料の変更にあわせて、本革シートや助手席シートヒーターなどからなるセットオプションが標準装備化されており、価格は11万0160円アップの172万8000円となっている。

(Clubpyme)

1リッターターボエンジンを搭載する「スズキ・バレーノXT」。
1リッターターボエンジンを搭載する「スズキ・バレーノXT」。拡大

関連キーワード:
バレーノ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 今夏発売の「シトロエンC3エアクロス」全国8拠点で先行展示 2019.5.14 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月13日、同年夏に日本初導入を予定しているコンパクトSUV「シトロエンC3エアクロス」の先行巡回展示を、全国8カ所のシトロエン正規ディーラーで行うと発表した。
  • 「ルノー・カングー」に200台の限定モデル登場 2019.5.10 自動車ニュース ルノーが「カングー」に特別仕様車「エスカパード」を設定。「カングー ゼンEDC」をベースに、内外装に専用のファブリックシートやデカールなどを採用したモデルで、販売台数は200台となっている。価格は265万9000円。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車 2019.4.22 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る