英モーガンの日本輸入代理店が発足記念イベントを開催

2018.05.22 自動車ニュース
「モーガン4/4」とエスシーアイ/モーガンカーズ・ジャパン代表取締役社長の伊藤誠英氏。
「モーガン4/4」とエスシーアイ/モーガンカーズ・ジャパン代表取締役社長の伊藤誠英氏。拡大

輸入車の正規販売事業を手がけるエスシーアイは2018年5月22日、東京・港区の明治記念館において、モーガンカーズ・ジャパンの発足イベント「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」を開催した。

「モーガン4/4」
「モーガン4/4」拡大
今回の発足イベントには、日本で活動する2つのオーナーズクラブのメンバーも、マイカーのモーガンとともに参加した。
今回の発足イベントには、日本で活動する2つのオーナーズクラブのメンバーも、マイカーのモーガンとともに参加した。拡大
大阪を除く、全国7店舗のディーラーの代表者。
大阪を除く、全国7店舗のディーラーの代表者。拡大
内装に用いられるレザー素材のサンプルを片手に、モーガンのプロダクトの魅力を語るモーガンカーズ・ジャパンのジャスティン・ガーディナー氏。
内装に用いられるレザー素材のサンプルを片手に、モーガンのプロダクトの魅力を語るモーガンカーズ・ジャパンのジャスティン・ガーディナー氏。拡大
「モーガン3ホイーラー」
「モーガン3ホイーラー」拡大

職人の手作りにこだわるスポーツカーメーカー

モーガンカーズ・ジャパンは、2018年4月5日に発足した英モーガン・モーター・カンパニーの正規インポーターである。これまで東京のモーガン・オート・イワセが行ってきた輸入元としての事業を引き継ぎ、全国8店舗のディーラーを介して、日本での車両の販売、部品の供給、アフターセールス業務を担うこととなった。

今回のイベントには、インポーターの関係者に加え、大阪を除く全国7店舗のディーラーの代表や、日本で活動する2つのオーナーズクラブのメンバーも参加。あいさつに立ったエスシーアイの伊藤誠英代表取締役社長は、ケータハムや「KTMクロスボウ」の輸入販売を手がけてきた自社の実績を紹介するとともに、「電動化や自動運転などといったコモディティーな話題が多い中で、本当にクルマが好きな人にこういった製品を提供し、安心して乗っていただける体制を、メーカーやオーナーズクラブとともに展開していけることをうれしく思う」と述べた。

1909年に誕生したモーガンは、職人の手作業によるクルマづくりを今日に受け継ぐ英国のスポーツカーメーカーである。プロダクトはいずれもスチール製のラダーフレームにアッシュ材(トネリコ)のボディー骨格、アルミ製のボディーパネルを組み合わせたもの(「3ホイーラー」はチューブラーフレーム)。パワープラントとドライブトレイン以外はすべて内製で、ボディーパネルについては一度組み立ててフィッティングを調整してから、分解、塗装して再度組み付けるなど、非常に手の込んだ製造工程を守り続けている。それゆえに生産台数は年間850台と少なく、オーダーから納車までは8カ月の時間を要するという。

日本に導入されるラインナップは「3ホイーラー」「4/4」「プラス4」「ロードスター」の4車種。いずれも内外装には多彩な仕様が用意されており、オーナーは自分の好みに合わせたカスタマイズを楽しむことができる。

(Clubpyme)

「モーガン3ホイーラー」の詳細な写真はこちら
「モーガン4/4」の詳細な写真はこちら
「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
4/4プラス43ホイーラーロードスターモーガン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ゴールドウイング(MR/7AT)【レビュー】 2018.8.7 試乗記 400kgに迫る車両重量、1.8リッターの水平対向6気筒エンジンと、あらゆる部分が規格外なホンダのフラッグシップモデル「ゴールドウイング」。6代目となる新型は、遠乗りに特化したクルーザーかと思いきや、“操る”ことを積極的に楽しめる一台に仕上がっていた。
  • 日本が生んだ孤高のサルーン
    新型「センチュリー」はここがすごい!
    2018.8.10 デイリーコラム 2018年7月、3代目となる新型「トヨタ・センチュリー」の車両説明会が開かれた。脈々と作られてきた国内専用ショーファードリブンカーの、ほかの高級車では得がたい魅力とは何か? 試乗した印象も含めてリポートする。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.10 試乗記 伸びやかなルーフラインが美しいステーションワゴン「ジャガーXFスポーツブレイク」に試乗。「Fペース」や「Eペース」といった同門のモデルも含めて、SUVが幅を利かせるいま、あえてワゴンを選ぶ理由はどこにある?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICカブリオレ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.8.7 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗。見れば美しく、踏めば速く、そしてコンフォータブル。そんな完全無欠とも思われるラグジュアリーな4シーターオープンの世界を堪能した。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
ホームへ戻る