BMWジャパンは2018年5月24日、高性能オープンモデル「BMW M4カブリオレ コンペティション」と、限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)」の国内受注を開始した。納車は同年の秋以降になる見込み。

450psのオープンモデル

今回導入されるM4カブリオレ コンペティションは、ハイパフォーマンスクーペ「BMW M4コンペティション」のオープンバージョン。最高出力450ps/7000rpm、最大トルク550Nm/2350-5500rpmを発生する、3リッター直6ツインターボエンジンを搭載する。

組み合わされるトランスミッションは、7段のM DCT。最高の加速性能を実現するローンチコントロール機能も備わる。優れた走行性能を支えるメカニズムとして、左右のリアホイールに最適にトルクを配分する「アクティブMディファレンシャル」や、走行環境に関わらず路面との接地性を高める「アダプティブMサスペンションシステム」を搭載。制動力と耐フェード性、耐摩耗性に優れる「Mカーボンセラミックブレーキシステム」もオプション設定される。

ルーフは、3分割式のリトラクタブルハードトップ。走行速度が約18km/h以下であれば、センターコンソールのボタン操作により、20秒以内でルーフの開閉ができる。

ルーフオープン時のボディーの前方から後端までフラットに伸びるシルエットやプロポーションもセリングポイントのひとつだ。

特別なカラーリングの限定車も

あわせて、BMW M4カブリオレの欧州における発売30周年(初代デビュー時のモデル名は「BMW M3 カブリオレ」)を記念したM4カブリオレ30 Jahreも、台数10台の限定で販売される(世界限定台数は300台)。

同車は、過去印象的だったモデルを想起させる2種類の特別なボディーカラーが特徴で、イエローの「マンダリンII」には専用のイエローステッチを施したブラックのメリノレザーインテリアが、「マカオブルーメタリック」のボディーカラーには、専用バイカラー(ブラック×シルバーストーン)仕上げのメリノレザーインテリアが組み合わされる。

オービットグレーで塗られた軽量構造の20インチ鍛造Mライトアロイホイールや、限定モデルであることを示す「Edition 30 JAHRE」のレタリング(ヘッドレスト/カーボンファイバー製インテリアトリム/ドアシルプレート)も専用装備となっている。

価格は以下の通り。

  • M4カブリオレ コンペティション:1380万円
  • M4カブリオレ30 Jahre:1483万円

(mobileCG)

1/8 : 写真はすべて「M4カブリオレ」の欧州仕様車。
2/8
3/8
4/8
5/8
6/8
7/8
8/8