第172回:インド人タクシー運転手はヒーローになれるか?
『デッドプール2』

2018.06.01 読んでますカー、観てますカー

最多登場回数を誇るクルマとは?

ハリウッド映画に最も多く登場するクルマはなんだろうか。「アウディ」や「メルセデス・ベンツ」のセダンやSUVには、悪役が乗ることが多い。アクション映画にはよく出てくるが、トータルでは高い順位ではないだろう。「キャデラック」は成り金っぽさの演出として使われることが多かったが、近年では存在感が薄い。ピックアップトラックの「フォードFシリーズ」は、野性的でマッチョな主人公が乗るクルマの定番だ。男らしさの象徴とされるクルマの代表であり、そもそも販売台数が多いから必然的に登場する機会が多くなる。

Fシリーズが上位なのは間違いないだろうが、おそらくそれ以上だと思われるのが「フォード・クラウンヴィクトリア」だ。2012年まで生産されていたフルサイズのセダンである。ピンとこないのは当然だろう。ありふれた大衆車で、日本には正規輸入されたことがない。性能的には特筆すべき点のないクルマだが、安価であることからタクシーとして使われることが多かった。ニューヨークのイエローキャブの半分以上がクラウンヴィクトリアだったこともあるという。

「ポリスインターセプター」という名のパトカー仕様車もあり、こちらも高いシェアを誇る。スクリーンにはタクシーやパトカーが映ることが多いので、クラウンヴィクトリアは多分ハリウッド映画ナンバーワンの登場回数になるはずだ。もちろん、たくさん出てくるからといって観客の記憶に残るわけではない。タクシーはほとんどの場合ただの移動手段だし、パトカーはカーチェイスでクラッシュする役だ。

『デッドプール2』でも、クラウンヴィクトリアは日陰の存在だ。主人公のデッドプール(ライアン・レイノルズ)がチャーターして現場への急行や逃走に使うタクシーだが、インド人運転手のドーピンダー(カラン・ソーニ)は特殊能力を持っているわけではない。クルマ自体も特に改造が施されてはいないので、『TAXi』の「プジョー406」のようにトランクからウイングが飛び出したりはしない地味なクルマである。

(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation拡大
 
第172回:インド人タクシー運転手はヒーローになれるか?『デッドプール2』の画像拡大
「フォード・クラウンヴィクトリア」
名称としては1955年に登場しているが、独立した車種となったのは1992年。フレームシャシーを使用したFRのフルサイズセダンという古典的な成り立ちを持っていた。1998年に2代目となったが、アメリカ国内の販売は2011年に中止され、翌年には輸出も終了した。
「フォード・クラウンヴィクトリア」
	名称としては1955年に登場しているが、独立した車種となったのは1992年。フレームシャシーを使用したFRのフルサイズセダンという古典的な成り立ちを持っていた。1998年に2代目となったが、アメリカ国内の販売は2011年に中止され、翌年には輸出も終了した。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事