Clubpymeメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)

上質な自動車のお手本 2018.06.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。

ずっとユニーク

もともと孤高の存在だったアルピナだが、近頃ますますそのユニークなポジショニングが際立っているようだ。例えばメルセデスAMGやBMW Mに負けないほど高性能であることは言うまでもないのだが、他のプレミアムブランドの高性能派生モデルが軒並み荒々しい野性的なパフォーマンスをアピールするのに対して、アルピナはあくまでエレガントな立ち位置を崩さずに、“やんちゃ系”とは一線を画している。

また他のブランドが隙間のないモデルラインナップを構え、どのようなカスタマーでも取りこぼさないよう手を広げているのとは対照的に、アルピナは相変わらず自然体というか、無理に手を広げようとはしていない。そもそも供給できる台数には限りがある。近年は年間1500台前後、最大でもおよそ1700台にすぎない。

これまでにも説明してきたことの繰り返しになるが、アルピナはBMWの単なるチューニングファクトリーではなく、小さいながらもれっきとした独立メーカーである。今や、すべてのプレミアムブランドが、それこそベントレーやランボルギーニから、あのロールス・ロイスまでが台数を追うことが目的ではないと言いつつもSUVに手を染めている中、自らの本業にこだわる世界で最も規模の小さいメーカーと言ってもいい。

といって、メルセデスAMGやBMW Mのように特別なモデルを担当するグループ内の子会社でもない。1965年の創業以来、BMW本社と密接な関係を維持しているいっぽうで、両社の間に資本関係はない。正式社名「アルピナ・ブルカルト・ボーフェンジーペンGmbH+Co.KG」は、端正で高性能なスペシャルBMWを製造販売する独立した自動車メーカーとして、極めてユニークなポジションを占めているのである。

「D5 Sビターボ リムジン アルラッド」のボディーサイズは4960×1870×1485mm。ベースとなる「BMW 5シリーズ」より全長で15mm、全高で5mm大きい。
「D5 Sビターボ リムジン アルラッド」のボディーサイズは4960×1870×1485mm。ベースとなる「BMW 5シリーズ」より全長で15mm、全高で5mm大きい。拡大
「ミルテ」と呼ばれるウッドトリムが印象的なインテリア。ラヴァリナレザーを巻いたステアリングには、ブルーとグリーンのステッチが施される。試乗車のインテリアカラーは「ダコタ・ブラック」。
「ミルテ」と呼ばれるウッドトリムが印象的なインテリア。ラヴァリナレザーを巻いたステアリングには、ブルーとグリーンのステッチが施される。試乗車のインテリアカラーは「ダコタ・ブラック」。拡大
フロント・コンフォート・シートは角度や位置を電動で調節可能。試乗車にはオプションのランバーサポートが装備されていた。
フロント・コンフォート・シートは角度や位置を電動で調節可能。試乗車にはオプションのランバーサポートが装備されていた。拡大
乗り降りの際には、照明付きのドア・シル・プレートが足元を演出する。
乗り降りの際には、照明付きのドア・シル・プレートが足元を演出する。拡大
試乗車のボディーカラーは「アルピナ・ブルー」。
試乗車のボディーカラーは「アルピナ・ブルー」。拡大

サラリと上品に速い

アルピナD5 Sは新しいG30型「BMW 5シリーズ」をベースにしたアルピナの最新ディーゼルセダンで、2017年の東京モーターショーが日本初お披露目だった。4.4リッターガソリンV8ツインターボを搭載する「B5ビターボ」同様「アルラッド」、つまり「xDrive」システムをベースにアルピナ専用チューニングを施した4WD車である。4WDのディーゼルセダンはアルピナ初だという。

3リッター直6ツインターボディーゼルユニットのスペックは326ps(240kW)/4000-4600rpmと700Nm(71.4kgm)/1750-2500rpmというもので、B5ビターボ(608ps/800Nm)ほどの怒涛(どとう)のパワーを発揮するわけではないが、強大なトルクを適切に路面に伝えるためにはもはや4WDは必須ということなのかもしれない。

もちろん、アルピナだからディーゼルといっても鈍足であるはずはなく、0-100km/h加速は4.9秒、最高巡航速度は275km/hを誇るという。ちなみに本国にはツインではなくトリプルターボを備えたさらに強力な仕様のD5 Sも設定されているというが、右ハンドル市場には導入予定がない。700Nmもの逞(たくま)しいトルクのおかげでいつでも力強い加速が手に入るのは言うまでもないが、それよりも打てば響くスロットルレスポンスとそれに対応する軽やかな身のこなしが素晴らしい。

ディーゼルエンジンであることも車重2t近い4WDセダンであることも感じさせず、ごく普通にスロットルを踏むだけでスイッと動き出す反応が見事である。ガバッと踏んで勢いよくスタートするのは当たり前、ちょっと踏んでも踏んだ分だけスルリと応える繊細なレスポンスが上質感を左右するのだ。ただし、エンジン音は外から聞くと多少ガラガラといかにもディーゼルらしい。低速では遠くでうなるようなビートも伝わってくるが、いったんスピードに乗ればまったく気にならなくなる。

アルピナ社は、4枚ドアのスポーツカー“スポーツ・リムジン”を手がけるメーカーとして創業。ロゴマークには、当時を象徴するウェーバー社製のキャブレター、右にクランクシャフトが描かれ、背景の赤は情熱、青は知性を表している。
アルピナ社は、4枚ドアのスポーツカー“スポーツ・リムジン”を手がけるメーカーとして創業。ロゴマークには、当時を象徴するウェーバー社製のキャブレター、右にクランクシャフトが描かれ、背景の赤は情熱、青は知性を表している。拡大
326psと700Nmを誇る3リッター直6ツインターボディーゼルユニット。
326psと700Nmを誇る3リッター直6ツインターボディーゼルユニット。拡大
ボンネットを開けるとBMW AGの製造番号の下に、アルピナ社独自の製造番号が併記されている。これはBMW AGで製造されたクルマをベースにアルピナ社が製造したことを証明している。
ボンネットを開けるとBMW AGの製造番号の下に、アルピナ社独自の製造番号が併記されている。これはBMW AGで製造されたクルマをベースにアルピナ社が製造したことを証明している。拡大
ボンネットを開けた際に確認できるステッカーには、BMW AGの製造番号と外装色及び内装色が記されている。これは、製造された車体と、外装、内装がBMW AGで仕上げられたことを証明している。
ボンネットを開けた際に確認できるステッカーには、BMW AGの製造番号と外装色及び内装色が記されている。これは、製造された車体と、外装、内装がBMW AGで仕上げられたことを証明している。拡大
「アルピナ・デコセット」と呼ばれるサイドストライプにはシルバーとゴールドの2色が用意される。試乗車のデコセットはシルバー。
「アルピナ・デコセット」と呼ばれるサイドストライプにはシルバーとゴールドの2色が用意される。試乗車のデコセットはシルバー。拡大

涼やかに曲がる

高性能車はガッチリ硬い足まわりが当たり前と考えている人も少なくないと思うが、B5ビターボもこのD5 Sもまったくスパルタンな感じはしない。その点がとにかくガツガツ硬派な「M5」や「AMG E63S」とは異なるところ。むしろスタンダードのBMW 5シリーズよりもしなやかで快適な乗り心地かもしれない。

能役者のように腰の位置が動かず、路面をなめるように移動するその挙動は上述したようにエレガントである。アルピナにとってはサーキットでのタイムアタックなどより、グランドツアラーとしての日常的な性能が第一なのである。

ハンドリングも妙にキレッキレを追うことなく、適切にスポーティーである。ひとことで言えばリニアなのだが、意のままの走り、と言うはやすいが実際には気持ち良いと感じるほど、狙ったポイントめがけて正確に糸を引くように軌道を整えられる車は少ない。つばめの飛ぶ姿のように、鋭く美しくコーナリングできる。

D5 Sにはオプションでリアステアシステムも用意されているが、私はまったくその必要性を感じなかった。このすがすがしいハンドリングなら、4WDであることに気づかないまま乗っている人もいるのではないかと妙な想像をしてしまう。

BWMの「xDrive」システムとアルピナ独自のトルク配分をべースとした4WDシステムが備わっている。
BWMの「xDrive」システムとアルピナ独自のトルク配分をべースとした4WDシステムが備わっている。拡大
トランスミッションは、ZF社との共同開発で生まれた、アルピナ・スウィッチ・トロニック付き8段ATが組み合わされる。
トランスミッションは、ZF社との共同開発で生まれた、アルピナ・スウィッチ・トロニック付き8段ATが組み合わされる。拡大
ステアリングホイール裏にはスウィッチ・トロニック・ボタンが備わる。
ステアリングホイール裏にはスウィッチ・トロニック・ボタンが備わる。拡大
0-100km/h加速4.9秒、0-200km/h加速は20.1秒を誇り、巡航最高速度は275km/hをマークする。
0-100km/h加速4.9秒、0-200km/h加速は20.1秒を誇り、巡航最高速度は275km/hをマークする。拡大

いつかはアルピナ

ベースモデルの5シリーズのモデルチェンジに伴ってメーターはフルデジタルに変更されたが、スポーツモード以上を選ぶとアルピナのコーポレートカラーのブルーとグリーンのメーター表示に変化するところにアルピナのこだわりがうかがえる。

木目が美しい艶々したクラシックなウッドパネルも今では貴重だ。もちろんアルピナの場合も望めばどのような仕様にも応えてくれるはずだが、あえてアルミでもカーボンファイバーでもなく、伝統的なウッドパネルにこだわっている。

中には古臭いと思う人もいるだろうが、現代ではこちらのほうが贅沢(ぜいたく)だ。エクステリアも抑制されたスタイルが特徴的、迫力を前面に押し出す派手なデザインはアルピナの流儀ではない。例えば20インチの鍛造ホイールは、以前のようにエアバルブをセンターキャップの中に隠すタイプではなくなったが、従来からの端正な20本スポーク・デザインを踏襲している。 

年間わずか1500台前後だからこそ、少しもぶれずに流儀を守ることができるのも事実。その“専門店”ならではのこだわりに惹(ひ)かれる日本のファンは多い。何しろ多い時には年間400台が売れるというのだから、割合を考えれば日本市場は非常に重要だ。クルマ好きなら一度は「ポルシェ911」、と同じように、いつかはアルピナと憧れる人の気持ちはよく分かる。

節度と気品とともに高性能を備えたディーゼルセダンのD5 S、その本体価格は1299万円、「レクサスLS500h」と比べると、意外に安いじゃないか、と感じるのは私だけだろうか。

(文=高平高輝/写真=池之平昌信/編集=大久保史子)

デジタルメーターにはアルピナ独自のデザインを採用。写真はグリーンの帯状の表示を用いた、スポーツモード選択時のもの。
デジタルメーターにはアルピナ独自のデザインを採用。写真はグリーンの帯状の表示を用いた、スポーツモード選択時のもの。拡大
電子制御式のショックアブソーバーは幅広い設定が可能。写真は、運動性能を最大限に高める「スポーツ・プラス・モード」選択時のもの。
電子制御式のショックアブソーバーは幅広い設定が可能。写真は、運動性能を最大限に高める「スポーツ・プラス・モード」選択時のもの。拡大
インテリアのカスタマイズは基本的に制限がなく、BMWとアルピナの装備プログラムから幅広く選べる。
インテリアのカスタマイズは基本的に制限がなく、BMWとアルピナの装備プログラムから幅広く選べる。拡大
20スポークデザインのホイールはアルピナのトレードマーク。
20スポークデザインのホイールはアルピナのトレードマーク。拡大
「ALP」の文字が刻まれた「ピレリPゼロ」はアルピナ社の要望に基づいて共同開発されたもの。
「ALP」の文字が刻まれた「ピレリPゼロ」はアルピナ社の要望に基づいて共同開発されたもの。拡大

テスト車のデータ

BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4960×1870×1485mm
ホイールベース:2975mm
車重:1940kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:326ps(240kW)/4000-4600rpm
最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1750-2500rpm
タイヤ:(前)255/35ZR20 97Y/(後)295/30ZR20 101Y(ピレリPゼロ)
燃費:--km/リッター
価格:1299万円/テスト車=1504万3000円
オプション装備:ボディーカラー<アルピナ・ブルー>(59万8000円)/ステアリング・ホイール・ヒーティング(5万4000円)/アラーム・システム(0円)/オートマチック・トランクリッド・オペレーション(7万6000円)/ソフトクローズ・ドア(9万6000円)/ガラス・サンルーフ(16万8000円)/ノンスモーカー・パッケージ(0円)/スルー・ローディング(0円)/ランバー・サポート(3万8000円)/レザー・フィニッシュ・ダッシュボード(16万8000円)/ドライビング・アシスト・プラス(23万2000円)/パーキング・アシスト・プラス(7万円)/ヘッドアップ・ディスプレイ(16万円)/harman/kardonサラウンド・サウンド・システム(12万8000円)/Apple CarPlayプレパレーション(3万8000円)/ジェスチャー・コマンド(3万8000円)/ルーフライニング・アルカンタラ・アンソラジット(18万9000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:5733km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:275.4km
使用燃料:27.8リッター(軽油)
参考燃費:9.9km/リッター(満タン法)/10.8km/リッター(車載燃費計計測値)

「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」
「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」拡大
 
BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
oncesearch.com/search/Sofia Cucci/6

prosto-pereezd.com.ua/gruzovoe-taxi.html

Наш интересный сайт со статьями про домработница 1cs.com.ua