ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開

2018.06.08 自動車ニュース

本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のオフィシャルサイトで先行公開した。

1995年にSUVの先駆けとして登場したCR-Vは、現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルだ。日本においては、2016年8月をもって一旦販売終了となった。

5代目となる新型では、デザイン、プラットフォーム、パワートレインなどを刷新。CR-Vでは初となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したハイブリッド車を設定している。駆動方式はガソリン車、ハイブリッド車ともにFFと4WDを用意するほか、新たに3列シートの7人乗り仕様も設定する。

(Clubpyme)

新型「ホンダCR-V」
新型「ホンダCR-V」拡大

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る