第173回:王子様キャラの鬼畜はW116に乗って現れる
『V.I.P. 修羅の獣たち』

2018.06.15 読んでますカー、観てますカー

融和ムードに冷水を浴びせかける

なんとも間の悪いタイミングでの公開である。『V.I.P. 修羅の獣たち』は、韓国、北朝鮮、アメリカの国家機関が入り乱れて暗闘を繰り広げる物語なのだ。現実の世界では、韓国の仲介によって6月12日にアメリカと北朝鮮のトップが初めて会談した。曲がりなりにも融和ムードが演出されているのに、この映画を観ると冷水を浴びせかけられたような気分になるだろう。

中国との国境の町、北朝鮮の新義州。コスモスが咲き誇る道を、制服を着た女子生徒が歩いている。通りかかったのは、「メルセデス・ベンツSクラス(W116)」に乗った男たちだ。いささか古いモデルとはいえ、高級車を自由にできるということは特権階級であるに違いない。後席では、きれいな顔の青年がヘッドフォンでクラシック音楽を聴きながら読書している。酒を飲みながら下品に談笑する前席の男たちは、彼の取り巻きなのだろう。

彼らは背後から近づいて停車し、少女をクルマの中に引きずり込む。連れ去って隠れ家に監禁し、手足を縛り上げて陰惨な暴行を加える。鬼畜の所業を笑顔で見ていた青年は、最後の仕上げを自分の手で行った。命乞いをする少女を絞殺したのだ。残虐な行為に喜びを感じているように見える。あまりに残酷なシーンだからなのか、画面にはぼかしがかけられていた。

どんな国であっても、このような犯罪が許されるわけがない。保安省のリ・デボム(パク・ヒスン)は同様な事件が起きていることに気づき、犯人を特定する。しかし、上部から中止命令が下された。逮捕することなど不可能な、アンタッチャブルな相手だったのだ。

(C) 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 
(C) 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 拡大
 
第173回:王子様キャラの鬼畜はW116に乗って現れる『V.I.P. 修羅の獣たち』の画像拡大
「メルセデス・ベンツSクラス(W116)」 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルで、1972年に登場した「W116」から正式に「Sクラス」と呼ばれるようになった。快適性と安全性能の評価は高く、高級セダンとして確固たる地位を築いた。
「メルセデス・ベンツSクラス(W116)」 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルで、1972年に登場した「W116」から正式に「Sクラス」と呼ばれるようになった。快適性と安全性能の評価は高く、高級セダンとして確固たる地位を築いた。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事