第96回:カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!?

2018.06.26 カーマニア人間国宝への道

ロータリーは日本の宝

マイナーチェンジした「CX-3」の試乗会場にて、マツダ置き去りのロータリー待望論で盛り上がり始めた、モテないカーマニアの2名(『週刊SPA!』副編Kと、流し撮り職人・池之平昌信)。

彼らはカーマニアでありながら、自動車業界の現実がまったく見えていないのだろーか!? 私は軽い怒りすら感じつつ反論した。

清水(以下 清):いまさらロータリーを復活させるメリットなんかあるわけないよ。排ガスも燃費もまるでダメなんだから。

流し撮り職人(以下 職):いやぁ、そういうことじゃないでしょう。これは心意気の問題ですよ。

副編K(以下 K):そうですよ! 逆に、なんで清水さんはそんなにロータリーに否定的なんですか? 3年前「RX-8」に試乗したとき、「こんなに気持ちよかったのか!」って言ってたじゃないですか。

清:そりゃ気持ちよかったけど、もうビジネスとして成立しないから。ロータリーなんか復活させたら、マツダはつぶれるよ。せっかくカーマニアが大好きないいクルマをいろいろ作ってくれてるのに、その会社がつぶれるんだよ?

職:僕は、ロータリーは日本の宝だと思ってるんです。発明したのはドイツのヒトですけど、日本の宝です。

K:そうですよ! それがこのままだと消えちゃうんですよ! それでもいいんですか?

思わぬ強烈な反撃であった。

前回に引き続き、「CX-3」の試乗会場で突如ぶち上げられた、モテないカーマニア2名によるロータリー待望論。その続きをお送りする。
前回に引き続き、「CX-3」の試乗会場で突如ぶち上げられた、モテないカーマニア2名によるロータリー待望論。その続きをお送りする。拡大
流し撮り職人の池之平昌信氏。
流し撮り職人の池之平昌信氏。拡大
『週刊SPA!』副編K氏。
『週刊SPA!』副編K氏。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第96回:カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!? 2018.6.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第96回は「カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!?」。モテないカーマニア2名によって、突如ぶち上げられたロータリー待望論。自動車業界の現実を無視した言動に、筆者は真っ向から反論する!
  • マツダRX-8 2008.3.30 画像・写真 2008年3月10日、マイナーチェンジされたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。そのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.3.11 試乗記 「マツダCX-5」のラインナップに加わった、最もパワフルなガソリンターボ車「25T」に試乗。その走りは驚くほど軽快かつさわやかで、いまどき貴重な“内燃機関のよさ”を印象づけるものだった。
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
ホームへ戻る