キーワードは“MaaS”
フォードとフォルクスワーゲンの提携を読み解く

2018.07.09 デイリーコラム

「F-150」一本足打法からモビリティー企業への転換

2018年6月19日、フォードとフォルクスワーゲン(以下VW)が、商用車を軸とした各種事業で協業すると発表した。

両社はこれまで、さまざまな企業との連携を模索してきた。ただ、フォードはトヨタとハイブリッド車技術で、また日産と燃料電池車技術での提携を目指していたが、いずれも断念。そしてVWはスズキとの包括的な連携交渉が突如中止になるなど、ともに“失敗続き”といった印象が強い。

そうした2社がなぜ、商用車という枠組みを持ち出して連携することになったのか? なぜ、このタイミングなのか? その答えを探るために、まずは2社の現状を整理してみたい。

まず、フォードだが、俯瞰(ふかん)で見ると事業内容はシンプルだ。同社幹部が自ら認めるように、フルサイズピックアップの「F-150」にあまりに頼り過ぎているのが実情である。ピックアップトラック市場は北米型と欧州・東南アジア型と大きく2つに分類でき、フォードはそれら両方にモデルを投入しているが、セールスボリュームは北米型のF-150に大きく偏っている。基本的にF-150は商用車だが、北米市場では1990年代からは乗用が急増。さらに、ラダーフレームを共用するフルサイズSUVの売り上げも北米で好調に推移している。

一方、乗用車では主流の小型・中型車であるC・Dセグメントセダン市場で、トヨタの「カムリ」「カローラ」、ホンダの「アコード」「シビック」に大差をつけられている。また近年は北米市場でのセダンからSUVへのシフトが鮮明となっていることから、フォードは北米セダン市場からの撤退を決定した。将来的に、フォードの乗用車は、ヘリテージ(伝統)をマーケティング用語として前面に押し出す「マスタング」が主役となる。

さらに、マーク・フィールズ前CEO時代からフォードが強調している、「モビリティーカンパニーへの移行」では、通勤用小型バスのライドシェアサービス企業「チャリオット」を買収するなど、積極的な投資を続けている。

工場をロールアウトしていく「フォードF-150」。アメリカでは依然としてフルサイズピックアップトラックの人気が高く、特にF-150は長年にわたり販売台数でトップの座に君臨している。
工場をロールアウトしていく「フォードF-150」。アメリカでは依然としてフルサイズピックアップトラックの人気が高く、特にF-150は長年にわたり販売台数でトップの座に君臨している。拡大
フォードはセダン(ハッチバックなどを含めた乗用車の意)に対する将来的な投資を凍結すると表明。取り扱う車種も、数年のうちにSUVの「フォーカス アクティブ」と2ドアクーペ「マスタング」に絞り込み、その他のモデルについては廃止するとしている。
フォードはセダン(ハッチバックなどを含めた乗用車の意)に対する将来的な投資を凍結すると表明。取り扱う車種も、数年のうちにSUVの「フォーカス アクティブ」と2ドアクーペ「マスタング」に絞り込み、その他のモデルについては廃止するとしている。拡大
MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)の分野で積極的な取り組みを見せるフォード。最近では「ピザハット」とともに、自動運転車によるピザ宅配の実証実験を行っている。
MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)の分野で積極的な取り組みを見せるフォード。最近では「ピザハット」とともに、自動運転車によるピザ宅配の実証実験を行っている。拡大
ライドシェアサービスに取り組むスタートアップ「チャリオット」のシャトル。
ライドシェアサービスに取り組むスタートアップ「チャリオット」のシャトル。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事