BMWが「1シリーズ」のラインナップを刷新

2018.09.06 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ」
「BMW 1シリーズ」拡大

BMWジャパンは2018年9月5日、コンパクトカー「BMW 1シリーズ」のラインナップを変更し、販売を開始した。

 
BMWが「1シリーズ」のラインナップを刷新の画像拡大

今回の変更では、かつて特別仕様車として販売していた、「118i」と「118d」の「Mスポーツ エディションシャドウ」および「ファッショニスタ」、ならびに今回が初設定となる「M140iエディションシャドウ」をカタログモデルに追加した。

一方、これまで各グレードに設定されていた「スポーツ」「スタイル」「Mスポーツ」の3つの仕様については、「120i」のみに受注生産という形で残し、ラインナップから廃止した。

今回設定された新グレードの主な仕様は、以下の通り。

【118i/118d Mスポーツ エディションシャドウ】
<ボディーカラー>
アルピンホワイト、ブラックサファイア、ミネラルグレー、サンセットオレンジ、エストリルブルー

<専用/特別装備>

  • ダークヘッドライト/リアランプ
  • ハイグロスブラック・キドニーグリル
  • 18インチMライトアロイホイール・ダブルスポーク ジェットブラック
  • コーナークロス アンソラジット/グレー・ハイライト
  • ハイグロスブラックトリム/パールクローム・ハイライト
  • インテリアバッジ
  • パーキングサポートパッケージ
  • ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • コンフォートパッケージ

<価格>

  • 118i Mスポーツ エディションシャドウ:379万円
  • 118d Mスポーツ エディションシャドウ:404万円

【118i/118dファッショニスタ】
<ボディーカラー>
ミネラルホワイト、メルボルンレッド、シーサイドブルー(専用色)

<専用/特別装備>

  • 17インチアロイホイールYスポークスタイル380
  • ダコタレザーシート オイスター/ブラックステッチ
  • フロントシートヒーティング
  • インテリアバッジ
  • パーキングサポートパッケージ
  • ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • コンフォートパッケージ

<価格>

  • 118i ファッショニスタ:379万円
  • 118d ファッショニスタ:404万円

【M140iエディションシャドウ】
<ボディーカラー>
アルピンホワイト、ブラックサファイア、エストリルブルー

<専用/特別装備>

  • ダークヘッドライト/リアランプ
  • ハイグロスブラック・キドニーグリル
  • 18インチMライトアロイホイール・ダブルスポーク オービットグレーメタリック436M
  • ダコタレザーシート ブラック/ブルーステッチ(専用色)
  • ハイグロスブラックトリム/パールクローム・ハイライト
  • インテリアバッジ
  • HiFiサウンドスピーカーシステム

<価格>

  • M140iエディションシャドウ:652万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW R1250GS(MR/6MT)【レビュー】 2018.10.16 試乗記 単気筒、並列2気筒、並列4気筒、並列6気筒など、魅力あるエンジンを多数取りそろえるBMWだが、看板となっているのはなんといっても水平対向2気筒だ。新しい「R1250GS」に積まれた最新のフラットツインは、まさに“進化する宝石”だった。
ホームへ戻る